お風呂の温度でリラックス度は変わる?

こんにちは、福岡市カイロプラクティックの「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「お風呂の温度でリラックス度は変わる?」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
YouTube Preview Image

【お風呂でリラックス!ポイントと注意点】

●「ポイント—自分がゆっくりできる温度で入る」

お風呂の湯船の温度は、38度とか39度が良いとか40度が良いとかいろんな節が有ります。
私の方で思うリラックスは、自分が湯船でゆたーっと出来る温度が良いと思います。
真冬とかに低い温度が良いからとか、半身浴が良いからでお風呂に入っている方もいらっしゃいますが、あまり寒いと風邪を引いたりします。
長い時間入ってる方が良いという方もいますが、長い時間入っていると疲れが出てきたりもします。
湯船に入ると疲れる方もいらっしゃいますので、自分で加減して頂きたいと思います。
一般的に言われている通りにはしないで、自分で加減をお願いします。
自分が湯船に入ってリラックスできるなぁと感じる事が大事です。

【お風呂での注意点とは?】

●「注意点—熱すぎると、心臓に負担がかかる」

だたあまり熱過ぎる温度に入ると、心臓に負担がきます。
自分の体温よりほんの少し高めの温度にしてください。
高すぎるお風呂ですと、身体の中の温度も上がって血液の流れも早くなってきます。
そうするとリッラックスできません。
自分で加減しながら、ゆっくりと入る事でリラックスできると思います。
自分で加減がとても大事です。

入浴時のリラックス方法として『お風呂でストレッチをメリット』も合わせてごらんください。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加