無理せず姿勢を良く見せる方法

姿勢を良くするためには、頭から糸で吊られているように真っ直ぐに姿勢を意識すると良いと言われています。

上半身を支えるためにお腹に力を入れて、肩も張り、猫背にならないように気を付ける、頭を前のめりにしないなど、色々なことが挙げられますが、しかし、実際に良い姿勢を作っても、なかなか持続しないものです。

それは、根本的に身体が筋力不足だからです。

重力に対抗して真っ直ぐ立つには、お腹周りの筋肉を中心に、体幹を鍛える必要があります。

体幹を鍛えるためには、もちろん運動しなければなりません。

ですが、筋肉トレーニングをしようにも、忙しいと時間もなかなか取れません。

それに筋肉トレーニングをしたとしても、すぐに姿勢が良くなるわけではありません。

そこで、とりあえず姿勢を良く見せるということでしたら、矯正下着や矯正ベルトを使うというのもありでしょう。

矯正下着は、衣服の一部として着用するのでほとんど違和感なく、身体にストレスをかけずに良い姿勢を保つことができます。

また、着用している間はスタイルが良く見えますので、矯正下着をつけている女性は結構多いようです。

一方、矯正ベルトは、ベルトやマジックテープでできているので、長時間利用すると、ベルトが腰周りに食い込んでしまい痛くなると言われています。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加