なぜ、同時期に股関節痛は腰痛が起こる?

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「なぜ、同時期に股関節痛は腰痛が起こる?」について解説します。

■【なぜ、同時期に股関節痛は腰痛が起こる?】■

腰痛ですでに苦しんでいるという人の中には、股関節痛も同時に発生してしまい、なぜ、同時期に股関節痛は腰痛が起こる?こう悩んでいる人もいることでしょう。

そこで、なぜ同時期に股関節痛、腰痛が起こるのか。これについて調べてみましたので参考にしてみてください。
この股関節と腰痛が同時に症状としてあらわれるのは40代~50代の女性に多いと言われていて、原因としては骨の歪みということが考えられるそうです。
骨がゆがんでしまった状態を放置しておくと、腰痛と股関節痛といったことだけではなく、ひざの痛み等のように複数の箇所に痛みやしびれといったものが移っていってしまうといわれています。


最近はこういった複数の症状へとうつっていかないように、腰痛体操やストレッチ等を用いて、内側の筋肉量を増加させることで対処するということが一般的ですが、整体等でもこういった対処は実践されているそうです。

腰から膝と言う様なことは有名ですが、腰痛と股関節痛といったものも意外と多いそうですから、こういったタイプの人は、三か所目の症状が出るまえに対処するということを心がけて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加