教えて!猫背は、なぜ疲れやすい?

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

今日は、「猫背は、なぜ疲れやすい?」についてお話したいと思います。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

■猫背は、なぜ疲れやすい?■

今日はですね「猫背は、なぜ疲れやすい?」について話していこうと思います。

福岡市 猫背 疲れやすい 

【猫背が疲れやすい理由】

●「理由—内臓を圧迫してしまう」

猫背は、なぜ疲れやすい?についてお話したいと思います。
猫背の状態というのは、立っている姿を横から見ると前かがみになっています。
肩も少し内側に入ってきています。
そういった状態は、パソコンをされている時もそうですよね?どうしても前かがみに猫背状態に背中が丸くなったような形になっているかと思います。
そういう状態というのは、体を前かがみにし肩も内側に入っているので、内臓や肺を圧迫しています。

【それに伴う2つの症状】

●「症状1—頭痛」

内臓を圧迫しているということは、血液の流れもスムーズでなかったり、胃や肺を圧迫しているので内臓の動きがスムーズでなくゆっくりとした動きになっています。
それにより、頭痛になったりもします。
体の中の動きがスムーズでないために頭痛になったりします。

●「症状2—肩こり」

どうしても肩が内側に入っているので、肩の筋肉がかなり緊張しています。
それにより、肩こりになります。
先ほども言いましたように、前かがみに肩が内側になっているので肺を圧迫して呼吸がなかなか上手く出来ないようになります。
ですので、酸素の取り込みが上手く出来ない状態になってくるかと思います。
ラジオ体操で、最後の深呼吸の時に胸を開きますよね?そうすることで酸素を取り入れ易くなるんですが、内側に肩が入っていると酸素を取り入れることが出来にくくなります。
酸素を取り込む量が減ってきて、体の中に酸素が行き渡らなくなり疲れやすくなったりもします。
ですので、『猫背』の方は疲れやすいともいえます。

猫背予防に『猫背予防のストレッチ』を参考にやってみてください。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加