肋間神経痛でツラい胸の痛みが改善した事例

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「30代女性で肋間神経痛に困られていたお客さまの事例」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(5分39秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

【一般的な肋間神経痛の原因】

肋骨に沿っている神経が何らかの原因で痛む症状のこと。

  • 原因不明なものが多く、ストレスや睡眠不足から痛みになることもある
  • 身体が歪んでいると起りやすい
  • 注意として、身体を冷やさないこと

    【女性のお悩み】

    この女性は、福岡市城南区干隈にお住まいの30代の女性で会社員として事務職でパソコン作業を主にされている方です。

    土曜日の夕方に胸に痛みが走って、1年前から肋間神経痛で整形外科にかかっているので「この痛みは肋間神経痛だな」と分かったそうです。
    しかし、あまりにも肋間神経痛の痛みがツラく「月曜日に病院行くまで、この痛みを我慢できない、、、」と思い、日曜日も施術してもらえるからということで来院されました。
    天神の警固という場所も、家から近くで行きやすいポイントだったそうです。


    実は、この女性は1年前くらいに、左胸あたりに突然ズキンとする痛みと同時に、呼吸が苦しくて心臓がどうかなったのかと心配した出来事があったそうです。
    自分では原因が分からないので、すぐに病院へ診察をしてもらいに、最初は心臓が悪いかと思って内科に行かれましたが、先生から「心臓は大丈夫でしょう!」とのことで、整形外科を案内してもらい、今度は整形外科を受診したそうです。


    その整形外科では、レントゲンを撮って検査をしても異常が見当たらないので、「たぶん肋間神経痛だろう」という診断を受け「湿布を貼ってあとは様子を見ましょう」と言われ、湿布とコルセットによる方法を行い始めました。
    肋骨周りをコルセットで固定して動かさないようにしていましたが、夏になるとコルセットをしている中が熱く蒸れるようになってきたので、外すようになってしまいました。
    その後は、湿布が切れる度に病院へ行って、湿布を購入して貼るという繰り返しだったそうです。


    というのも、この30代の女性は仕事が忙しく、日曜日しかお休みが取れないので、病院以外の整体や鍼灸整骨院に行く暇もなかったそうです。
    肋間神経痛でしたので、癒し系のマッサージではなく日曜日にも施術してもらえる治療院を探していて、スペシフィックカイロ路を選んだということでした。

    肋間神経痛の検査

    まずは、検査で彼女の姿勢や身体の歪みなどを確認してみました。
    立ち姿勢の時に両肩が内側(前に出ているような感じ)に入っていて、猫背状態になっていました。

    【姿勢が悪い:猫背】

    猫背になると、肩こりから始まり首・背中・腰周りの筋肉に慢性的な筋肉疲労を起こしてしまいます。
    なぜなら、約5キロもある重い頭を支えている背骨は、生理的な湾曲によって頭の重さの負荷を分散して背骨全体で支えています。
    猫背になると、背骨の生理的湾曲が猫のように丸く曲がリすぎてしまい、頭の重さを分散できずにどこか脊椎の一部分へ負荷が掛かってしまうのです。
    一部に負荷が続くと、周りの筋肉は慢性的な疲労を起こし、血流は悪くなり疲労が抜けずに、痛みに変わっていくのです。

    【右足首の動きが硬い(左に比べ)】

    これは中学校の時にバスケットボールをやっていて、その練習中に”右側の足首だけ”捻挫や骨折を何度も経験したそうなんです。
    今でも長時間歩くと、右足首だけがガチッと固まったようになると言われていました。
    歩きにくくなっていらっしゃるんですね。

    【肋間神経痛になった原因】

    これはカウンセリングや検査で得た情報で推測しますと、肋間神経痛になた原因というのは、中学生の頃に捻挫や骨折を何度も経験した右足首の影響で、徐々に徐々に身体に歪みが起ってきたようです。
    そして社会人になり、彼女は会社事務の業務でパソコン作業をされているのですが、パソコン作業というのは身体が前のめりに猫背姿勢になってきます。
    猫背になってしまって、重い頭が支えられずに脊椎の一部に負担がかかり、肋間神経痛に繋がってきたのではないかと思います。

    肋間神経痛の施術

    スペシフィックカイロ路では、首へのアプローチ以外の施術は行いません。
    上部頸椎の1番上と2番目の頸椎の歪みを整えることで、歪んでいた背骨のラインを整えていきます。
    首の施術をすると身体のゆがみが整うことで、神経圧迫も改善してくるのです。
    そして、身体のゆがみが整うと、頭と体との神経の伝達がスムーズにもなるのです。


    肋間神経痛というのは、神経が骨や筋肉に圧迫されてできる痛みが多いですので、身体の背骨のラインが整いますと神経圧迫が解放されてきます。
    施術前はかなりの肩こりがあったということだったんですが、施術後には肩こりが取れて「すごく楽になった」というご感想を頂きました。


    次の施術は、必ず2週間の間隔を開けて施術を行うようにしています。 これは、その2週間の間に自然治癒力が活性化され、あなたの身体が治ろうとする変化を待つためです。


    その2週間後、2回目の施術を行う時のカウンセリングでは、「この2週間の間に痛みが出る回数も減ってきて、前ほど痛みは無かった」というお話を頂けました。
    その2回目の施術後の帰りに「これから月末で仕事が忙しくなるけど、これで乗り切れるな」と笑顔で帰っていかれました。


    施術を受けての30代女性のお客さまの感想として、
    「肋間神経痛のズキッとする痛みが無くなってきた上、痛みの回数も減ってきたので楽になった」
    「猫背姿勢がずいぶん改善されて姿勢がキレイになった」

    首の施術をするのですが、身体のバランスが身体の歪みがある方は、すごくいいと思います。

    自宅で行うべきアドバイスした3つの習慣

    「習慣①:身体を冷やさない」

    痛みやコリの原因は、筋肉の緊張による血行不良です。
    身体が冷えてしまうと、身体はリラックスすることができず、緊張状態になってしまいます。
    ですので、リラックスする要に身体を冷やさないことが重要になってきます。
    夏場であれば、冷房の効き過ぎは要注意ですので、28度の設定で扇風機を上手く活用するなどして、身体の冷え過ぎに注意してください。
    冬場であれば、腹巻き・足首まである脚を冷やさないスリッパ・マフラー・肌着を1枚重ね着するなどの工夫をして、身体を冷やさないようにしてください。

    「習慣②:お風呂は、湯船にゆっくり浸かる」

    毎日、40〜42度のお風呂に入って30分くらい浸かることは必ず習慣にしたいですね。
    なぜならば、お風呂に入ると3つの効果を得ることができるからです。

  • 温熱効果…身体が温まることで血行改善に繋がります。
  • 浮力効果…お湯の浮力によって身体に掛かる負担が軽くなります。
  • 水圧効果…第二のポンプといわれる脚が水圧によって圧迫され脚に溜まった血液が押し流されることで血流が改善されます。

  • シャワーが簡単で便利ですが、入浴で得られる効果はとても大きなものです。
    一日の精神的な疲れを癒す効果も感じれると思いますので、ぜひ習慣にしてみてください。

    「習慣③:ストレスがいつもより大きい時は、早く就寝する」

    ストレスにさらされ続けると、自律神経の切り替えが上手く機能しません。
    ストレスを感じるときは、自律神経は戦闘状態にあるので身体が緊張しますが、この自律神経の切り替えが上手くいかないと、ゆっくり休みたい状態のときでも戦闘状態になってしまいゆっくりと休息を取ることもできません。
    常に身体が緊張状態ですと、筋肉は硬直したままですので、血管やリンパ管は圧迫され続けるので、血液やリンパ液などの循環が悪くなってしまいます。


    酸素の供給が上手くできずに栄養素を細胞に運ぶこともままなりません。
    すると、免疫力の低下や肩こり・腰痛などの痛みに繋がってくるのです。
    こうならないためにも、ストレスを感じたときは早めの就寝で身体に休息をとりましょう。

    肋間神経痛を改善させたいと、
    福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

    ■お客さま事例

    上部頸椎施術

    肋間神経痛のお悩みで当院に来られた、40代女性のお客さまの事例です。
    この方は、福岡市西区石丸にお住いの主婦の方で、「土日営業で場所も知っているし、身体の歪みも改善できそうだったから」という理由で当院へ来られました。
    実際にお話を聞いてみると、肋間神経痛だけではなく「頭痛、首痛、腰痛」などのお悩みも抱えていました。


    施術により頚椎の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
    上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
    身体の一部だけを改善するのではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロお試ししてみてはいかがですか?


    ●【参考:頭痛で施術を受けたお客さま体験談】
    ※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

    ↓   ↓   ↓

    YouTube Preview Image

    ↑中心のボタンを押すと再生(3分14秒)↑
    (音が出るので、ご注意ください)


    体験談インタビューの詳細は、こちらの『頭痛で施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。


    まとめ

    ●【30代女性の肋間神経痛の原因】

  • 猫背
  • 右足首の動きが硬い(左に比べ)
  • ●【自宅で行うべきアドバイスした3つの習慣】

    習慣①:身体を冷やさない
    習慣②:お風呂は、湯船にゆっくり浸かる
    習慣③:ストレスがいつもより大きい時は、早く就寝する


    スペシフィックカイロ路 佐藤

    肋間神経痛は整形外科でもハッキリとした原因が分からなかったように、特定の原因というものは分かりません。
    しかし、特定の病気が原因でない場合であれは、上部頸椎を整える施術によって身体全体のバランスを整えることで、改善した事例はあります。


    今回の30代の女性のように、中学生の頃の捻挫や骨折の影響で身体のバランスを崩し、そのバランスを整えるため、それを支える他の部位に負荷がかかってしまう。
    また、今の仕事がパソコン作業なので猫背になってしまい、右足首と猫背の影響で肋間神経痛に繋がってしまったのではないか?という事例もあります。


    身体のバランスはあなたの生活習慣によって簡単に変わってしまいますので、注意してください。
    痛みやしびれなどお困りごとは、すぐにご相談くださいね。



    • このエントリーをはてなブックマークに追加