長時間のパソコンで使ってない腕の筋肉ストレッチ

スペシフィックカイロ路 佐藤

こんにちは、福岡市中央区警固の整体・カイロ「スペシフィックカイロ路」の佐藤です。

「長時間のパソコンで使ってない腕の筋肉ストレッチ」について解説します。

まずは、こちらの動画をご覧ください。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

YouTube Preview Image

長時間のパソコンで使ってない腕の筋肉ストレッチ

●「使っていない部分を動かしてあげる」
普段使っていない腕の筋肉、手首の筋肉を解すストレッチについてお話したいと思います。
皆さんパソコンをされている時って、腕をちょっとある程度上げた感じで指先だけこうしてますよね。
なので腕の筋肉とかですね手首、手首を固定したままされてますし、腕も殆ど使わないで指先だけの作業だと思いますパソコンは・・・。
で、半分腕をあげた感じ。
そういう方達は、出来たら腕のストレッチですね、手首のストレッチをして頂きたいんですけれども。

●「方法1—動画で解説(呼吸をしながら)」
方法として、自分の手の前で腕を組んで、それを前に出していく、で戻してあげる。
で、反対ですね今度は、反対に前の方にウーンと前の方にもっていく感じですね、で、引いてあげる。
これを呼吸しながらですね。
吐きながら動かしながら、ちょっと止めてあげて戻してあげる。
そうすると、この手首ですね、手首の筋肉とか、ここら辺の筋肉を使います。

●「方法2—動画で解説(呼吸をしながら)」
次にして頂きたいのは、手を真っすぐ出して、こういう感じですね。
で、これを引いて、自分の手は前に出す感じですね。
これも呼吸をしながらして頂く、そしてちょっと止める、そして元に戻してもらって、今度は反対ですね。
反対にこうして頂く、そして戻す。
だから反対の手もですね、して頂くと手首こっち側とこっち側も使うし、腕のこちらの上腕二頭筋とか三頭筋とかいうところも使いますし、反対に脇の方の筋肉も使って軟らかくなって来ますので、そうすると腕の疲れも腕が動かしやすくなって来るかと思います。
なので、こういうストレッチをして頂きたいなと思います。


デスクワーク仕事をされている方は『デスクワークの首痛』や、『デスクワークの腰痛』も合わせて見ていただき、快適にお仕事をしていただきたいと思います。

パソコン作業をしていると、
どうして目が疲れるの?

●「疲れ目になる原因」
疲れ目というのは、その名の通り『目のまわりの筋肉が疲れた状態にあること』をいいます。
眼球は6本の筋肉(上直筋・上斜筋・内直筋・下斜筋・下直筋・外直筋、総称して外眼筋という)に支えられており、眼球が長時間同じ位置で動きがない状態が続くと、この外眼筋が筋肉疲労を起こします。
また、目のレンズである『水晶体』の厚さを調節してピントを合わせるための筋肉も、長時間ずっと近くを見続けたりして負担がかかると、疲労を起こしてしまいます。

●「疲れ目の症状」
疲れ目の具体的な症状としては、
・目が重い
・目がショボショボする
・目が痛む
・目がかすむ
・目の充血
・頭痛や肩こり
酷い場合は、吐き気などがおこる場合もあります。
また、疲れ目の不快感がストレスとなり、自律神経のバランスがくずれたり、涙の分泌が少なくなる『ドライアイ』になる場合もあります。
中にはまれに、不眠や軽い鬱(うつ)状態になったりする方もいます。

●「疲れ目の予防法とは?」
まずは重要なのは、十分な睡眠とることです。(最低6、7時間はとりましょう)
目を閉じると起きている時の状態とは違って眼球がまぶたの上の方に向くことで、筋肉をリラックスさせることが出来ます。
また、まぶたを軽く閉じると光を少し感じますが、熟睡して黒目がまぶたの上に行けばほとんど光を感じなくなります。
この『眼の中に光が入ってこない状態』というのも、眼球のリラックスのためにはとても重要なのです。
その他に出来る予防法としては、眼球や眼球周囲を温めましょう。
眼球周辺を温めることには、血行を良くして筋肉の疲労物質を取り除き、筋肉を柔らかくする効果があります。
温め方は、蒸しタオルなどを使うといいでしょう。
ただし、目の充血が酷い場合や炎症を起こしている時は、眼球周辺を温めると症状が悪化する場合もあるので、気をつけてください。

※具体的な温熱療法のやり方は『肩こり・腰痛を楽にするタオルで簡単!温熱療法』を参考にして下さい。

●「疲れ目を予防するパソコンの使い方」
まずは、長時間同じ姿勢でパソコンの画面を見続けないようにしましょう。
そしてパソコンの側の6、7cmくらいの距離のところに、途中目を休めるために見る何か別のものを置いておくといいでしょう。
たとえば観葉植物などです。
可能であれば、パソコン作業中1時間の内に1分くらいは、それをボーッと眺めるのが望ましいです。
パソコン作業に集中すると、どうしても忘れがちになってしまうまばたきを、意識的にして涙の分泌を促しましょう。
涙の分泌量が少ないと、乾燥して角膜を傷つけドライアイなど眼病を招く可能性があるからです。
とくに、コンタクトレンズを装着されている方は、普段から涙が出にくくなっていますのでパソコン作業中でなくとも、十分気を付けてください。


眼精疲労を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

眼精疲労にお悩みで当院に来られた、40代女性のお客さまの事例です。
この方は、福岡市中央区警固にお住いの会社員の方で、「You Tubeの動画を見て、首こりの運動など・・・やってみようと思った。」という理由で当院へ来られました。
実際にお話を聞いてみると、眼精疲労だけではなく「首痛、肩こり、だるさ、脚のむくみ、偏頭痛」などのお悩みも抱えていました。


しかし今は、頚椎の調整を行い『パソコン疲れが一気に楽に!肩こり対策4つの方法』を参考にしていただくことにより体の歪みを取り除くことで、状態は落ち着いています。
このような事例はいくつでもお話しできます。
しかし、ここが重要です。
ご自分で施術を体験して納得することが大切です。
あなた次第です。今すぐ「改善に導く5つの理由」をご覧下さい。

首痛で施術を受けたお客さま体験談

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(8分09秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『首痛で施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●長時間のパソコンで使ってない腕の筋肉ストレッチ
●「使っていない部分を動かしてあげる」
普段使っていない腕の筋肉、手首の筋肉を解すために、腕のストレッチ、手首のストレッチをしましょう。
●「方法1—動画で解説(呼吸をしながら)」
●「方法2—動画で解説(呼吸をしながら)」

●パソコン作業をしていると、どうして目が疲れるの?
●「疲れ目になる原因」
眼球は筋肉に支えられており、眼球が長時間同じ位置で動きがない状態が続くと、この筋肉疲労を起こします。
●「疲れ目の症状」
・目が重い・目がショボショボする・目が痛む・目がかすむ・目の充血・頭痛や肩こりなど
●「疲れ目の予防法とは?」
重要なのは十分な睡眠とることと、眼球や眼球周囲を温めてあげることです。
●「疲れ目を予防するパソコンの使い方」
長時間同じ姿勢でパソコンの画面を見続けないようにすること。
まばたきを、意識的にして涙の分泌を促すこと。

スペシフィックカイロ路 佐藤

眼精疲労は、ほおっておくと肩こりなどさまざまな弊害が出てきます。
眼精疲労の解消に効果のあることをすることで、溜まった疲れはその日のうちに解消するようにしましょう。

そして最後に、肩こり・眼精疲労の改善に頑張るあなたへ、
この言葉送ります。

幸せは出来合いのものではない。あなた自身の行動から生まれる。
ダライ・ラマ


辛い症状の改善したければ、まず何か行動にうつすことが大切です。
痛みに耐えながら毎日を過ごすのではなく、明日を笑顔で迎えるため、自分に出来ることから始めてみましょう。
いつでも、お気軽にご相談ください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加