膝に影響を与えるピンヒールは履き方に注意

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「膝に影響を与えるピンヒールは履き方に注意」について解説します。

膝が横揺れするピンヒールとは?

●【膝が横揺れするピンヒールは要注意!!】
ピンヒールは、単なるハイヒールよりもバランスをとるのが難しいです。
かかとが細長い分、地面に設置する面積が狭いことからも分かりますが、バランスをとるために左右に足が揺れてしまうことがあるのです。
その横揺れは、膝に悪影響を与える可能性が高いです。

膝は体重を支えるだけでも負担がかかる部分です。
座っているときなどはさほど負担もないですが、立っている時、歩いている時、走っているときなどは当然膝には体重とともに負荷がかかります。
膝が横揺れするピンヒールを履いていれば、その負荷が大きくなるのは目に見えていますね。
膝に痛みを感じるようなら、無理してピンヒールを履くなどはしないようにしましょう。

●【ピンヒールは日本人に合わない?】
ピンヒールに限らず、日本人はヒールの高い靴を履くと、膝を曲げて歩いてしまう癖があります。
これは和式歩行と言って、日本人が和装をしていたころの習慣の名残です。
すり足とも呼ばれる歩行ですね。
足を前に押し出すようにする歩き方なので、ヒールとは相性が悪いです。

洋式歩行はそれに対して、洋装や高いヒールに適した歩行です。
膝を伸ばして歩く歩行方法なので、脚が長くキレイに見えます。
膝が横揺れするかどうかは別としても、洋式歩行ができていなければ膝への負担が倍増することは覚えておきましょう。

頸椎椎間板ヘルニアを改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

頚椎ヘルニアをなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、30代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市西区愛宕にお住いの主婦をされている方で「首から腕の痛みとシビレ、頭がぼーっとするので、鍼灸・指圧・整体・カイロプラクティックといった。根本的にしないと良くならないと思った。昨日から痛みが酷くなったので、会社近くでここが有ったので。」という理由で当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、頸椎椎間板ヘルニアの他にも「疲れ目、足のシビレ、膝痛、股関節痛、肩甲骨痛、胸部の圧迫」などのお悩みも抱えていました。
施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【頸椎椎間板ヘルニアの施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(7分48秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は、こちらの『頸椎椎間板ヘルニアの施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【膝に影響を与えるピンヒールは履き方に注意!!】
膝は体重を支えるだけでも負担がかかる部分です。
ピンヒールは、単なるハイヒールよりもバランスをとるのが難しいですので、負担が増えることは容易に想像できます。

スペシフィックカイロ路 佐藤

膝に大きく影響を与えるという意味では、このピンヒールはかなりの負担を与えることになります。
また、膝だけでなく腰や首にまで大きく負担をかけてしまいますので、履き方には要注意が必要です。
普通のハイヒールより、接地面が少ないため横のバランスを取るのが非常に難しく、常に意識をしないとすぐに首・腰・膝を痛めてしまいます。
ピンヒールを履く時は、きちんと歩くことを意識してピンヒールを履きましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加