坐骨神経痛のストレッチ

こんにちは、福岡市カイロプラクティックの「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「坐骨神経痛のストレッチ」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。
YouTube Preview Image

【坐骨神経痛時のストレッチポイント】

●「ポイント1—痛みがひどい場合はしない」

坐骨神経痛は、もう痛みがありますので、なかなか体を動かしたくないと思います。
実は痛みを和らげるためにはストレッチがすごく効果的なんですね、ただ、激しい痛みや熱がある場合は、控えて頂きたいと思います。
無理をすると余計に悪化する恐れがあるので、痛みがひどい場合はしないで頂きたいと思います。

●「タイミング—お風呂上りに」

坐骨神経痛にかかっている方って言うのは、筋肉が痛いので、筋肉が「ぎゅう」と固まっているんですね。
その筋肉を柔軟にしてあげるストレッチをお勧めしているんです。
一番いいと思われるのがお風呂から上ってからですね、お風呂から上った時はちょっと体が柔らかくなっていますんで、より筋肉や骨格に負担をかけずにストレッチが出来ると思います。

●「どこから—足からとかお尻、腰、背中の順番に」

まず、足からとかお尻、腰、背中とゆっくり行ってください。
腰を中心に、こう、ゆっくりと揺らしたりとか、横にやったりとか、前後に、こう、反ったりかがんだりです。
回した、あと、ラジオ体操の様ですけどラジオ体操は、これはゆっくりと、ちっちゃい頃の「タンタカタン」じゃなくて「タンータカ、ターン」ぐらいなゆっくりな、ペースでやって頂くのが効果的かと思います。
で、ストレッチはした方が、しないよりはいいです。
と言うか、した方がいいです。

●「ポイント2—初めのうちは無理せずに」

と、皆さんにはお願いして、そういう風にお願いすると一生懸命にされるんですよ皆さん。
でも、そうするとかえって次の日に、余計に痛みが出てきます。
なので、あせらず、も、少しの量でもですね、始めはですね、少しの量からだんだん初めて頂いて、でも、やってる途中で少しでも「あっ、痛っ!」と思ったらそこで止めてください。
また、次の日に、こう、ゆっくり行って、それが、だんだんに、徐々に効果となって表れてきますので、なるべく、痛みがあるからと言って、運動をしないのじゃなくてストレッチとか、ゆっくりお願いします。

坐骨神経痛の予防と対策として『坐骨神経痛の予防ストレッチ』と『急に坐骨神経痛の対処法』も合わせて見てくださいね。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加