靴底のすり減り方が左右違うとバランス悪い?

こんにちは、福岡市カイロプラクティックの「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「靴底のすり減り方が左右違うとバランス悪い?」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。
YouTube Preview Image

【原因は身体の歪み?左右で靴底の減りが違う場合】

●「原因1—手足の長さが違っている」

靴底の擦り減り方が左右違うとバランス悪い? についてお話します。
身体のバランスが悪い為に、靴底の減り方が違うとも言えます。
靴底の減り方が違うという事は、足の長さが違うのです。

●「手足の長さが左右違ったら??」

当院では、手の長さ足の長さを確認しています。
右が長かったり左の方が長かったり皆さん左右が違います。
左右の長さが違う方達は、身体のどちらかに体重がかかっている為に、靴底の減り方が違うって事です。
すり減っている方に体重がかかっている場合が多いです。
身体のバランスが整うと、両方の足の長さも揃っていますので靴底の減り方は少なくてすみます。
すり減るという事は、どちらかに体重がいっている。
身体に歪みやねじれが有ります。

●「原因2—『O脚』やX脚が原因の場合も」

体重がいっているって事は、身体のバランスがとれていないという事です。
靴底の外側が減りやすい方は、O脚かもしれません。
また内側が減りやすい方は、X脚かもしれません。O脚やX脚も身体の歪みやねじれが原因です。
歩いていてつまずく方も、身体のバランスがとれていない事にもなります。

スペシフィックカイロ路では、首の施術で身体の歪みを整えています。
骨盤矯正をし、身体のバランスを整えたお客様の『施術後のインタビュー』をご覧ください。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加