高齢者の腰痛に対する対処法

こんにちは、福岡市中央区警固の整体・カイロ「スペシフィックカイロ路」の佐藤です。

今日は、「高齢者の腰痛に対する対処法」についてお話したいと思います。

まずは、こちらの動画をご覧ください。
    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ YouTube Preview Image

■高齢者の腰痛に対する対処法■
今日はですね「高齢者の腰痛に対する対処法」について話していこうと思います。

福岡市 高齢者 腰痛 対処法 

【高齢者の腰の痛みへの対処法】

●「対処法—高齢者でも予防のため筋肉をつける」

最近になってから何ですけども、老人ホームとかでショートステイに行かれてる方なんですけども,筋トレをされている老人の方が増えて来ています。 それは、お年寄りでも筋肉が付きますよ、て事なんですよね。
筋肉を付ける事によって、腰痛、腰回りの筋肉を強化する事によって腰痛が起きにくくなります。
どうしても人間て言うのは、歳と共に筋肉が衰えて来ます。
筋肉が衰えて来るので、どうしても背中が曲がって来たりとか、支える筋肉が衰えて来るので、背中が曲がってきたりとか、 『脚がだんだんO脚』になって、O脚もどんどん進んで来たりとかですね。
そう言う姿勢になって来ます。
ですので、腰痛予防に筋トレをしている所が増えてきています。

【ご自宅で簡単、高齢者向けの筋肉トレーニング】

●「方法1—テレビを見ながら腰の筋力を強くする」

ご自宅で筋トレをする事は、なかなか難しいかもしれません。
ですが、腰の筋肉を付ける、脚の筋肉を付けるて言う事は、すごく重要です。
年寄りの、年寄りと言ったら失礼かもしれません。
年齢も、ご高齢になられた方達は、運動をしたくないかもしれませんけれども、なるべくテレビの前に座っている時にでも、身体を動かしてあげる、筋肉を柔軟にしてあげる、で、筋肉を付ける事ですね。
ただ手を、こう軽く回すだけ、ただ回すだけの様に見えますが、こうする事によって、背中の筋肉も使います、肩の筋肉も使います。
ですので、いろんな筋肉を使う意識でテレビを見る、ただ見るだけではなく、動かしながら見るとかですね、やって頂くと、腰の筋肉の方の強化にもなるかと思います。

●「方法2—立ち上がる時に脚の筋力を強くする」

立ち上がる時とかですね、椅子から立つ時も、出来たら、「どっこいしょ」と立つんではなく、自分の脚だけで、物に頼らず、自分の脚だけで椅子から立ち上がろうとして頂く事だけでも、脚の筋肉、腰の筋肉が使えます。
ですので、そう言う風な、自分の中の意識の中で、腰の筋肉を使おう、脚の筋肉を使おう、と言う気持ちを持っていただくと、腰痛予防になって行くかと思います。

こちらの、 『柔軟性がないのは歳のせい?』も参考に見ていただきたいと思います。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加