オスグット(成長痛)

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「オスグット病(成長痛)」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(1分47秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

【オスグット病(成長痛)の原因と対策】

●「成長期で、スポーツをしている方に多い」

オスグット病は成長痛とも言い、10歳から16歳代の成長期に多く見られます。
その年代は身長がグングン伸びる時期ですので、このオスグット病にかかり易いです。
サッカーやバレーボール等のジャンプをするスポーツをしている方に多いです。

●「原因1—骨の伸びに筋肉や腱が追いつかず柔軟性がなくなる」
成長期は身長が急激に伸びます。
その時は骨も急激に伸びるのですが、筋肉や腱はそれほど急激に成長できないんです。
そのために筋肉の柔軟性があまりなくなって硬くなるんです。
そこにスポーツでジャンプなどを何度もする事によってオスグット病になります。

●「原因2—バランスの悪さから片足に負担がかかっている」
また、身体のバランスがとれていない為、左右どちらかの膝に負担がかかる事もあります。
この状態は、膝の前の方が隆起してきて痛みや腫れを伴ってきます。
ひどくなると歩いても痛い状態になります。

●「対策—骨格を整える」
成長期は膝だけでなく背中や身体全体が急激に変化しています。
筋肉の柔軟性を早く取り戻すためにも、身体のバランスを整える事が大事になってきます。
身体の骨格のバランスがとれると、筋肉も骨もあまり無理しないですみます。
骨格を整える為に、スペシフィックカイロ路では首の施術をおこなっています。
詳しい内容は『首の施術・測定の説明』をご覧ください。

オスグッドを改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

施術の説明

オスグッドをなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、10代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡県筑紫野市岡田にお住いの小学校6年生の方で「オスグッドの子どもさんが早く治ってスポーツが出来ると知ったから。8月に右足の中足骨骨折でギブス固定後膝が痛くなった。6年生で小学校最後なので、早く治して思いっきり頑張れる体にしたい。病院ではどうにもならないと思った。休むしかないと言われた。ホームページを読んでなるほどと思った。」という理由で当院へ来られました。

施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【膝痛の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(6分21秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『膝痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【オスグット病(成長痛)の原因と対策】
「成長期で、スポーツをしている方に多いオスグット」
・原因1:骨の伸びに筋肉や腱が追いつかず柔軟性がなくなる
・原因2:バランスの悪さから片足に負担がかかっている
・対策:全身の骨格を整える

スペシフィックカイロ路 佐藤

オスグッドで悩む多くのお子さんは、クラブ活動などスポーツを頑張っているお子さんに多い症状です。
成長期で身長が伸びている時期に、無理な運動を続けていると、体にかかる負担が緩和できずに、疲れとして蓄積されていくことで、最終的に痛みに変わっていきます。
ですので、オスグッドの痛みがでてきた場合は、無理をせずに体を休ませ、凝り固まった筋肉をしっかりと和らげてあげましょう。
無理に揉んでしまうと、逆に筋肉を痛めてしまうこともありますので、専門的な知識を持った治療院で行うようにしてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加