腰痛を避ける立ち方

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「腰痛の痛みを避ける立ち方」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(2分03秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

【腰痛時の良い立ち方と、悪化する立ち方】

●「良い姿勢-重心を身体の真ん中にもってきて真っ直ぐ立つ」
腰痛の時の痛みを避ける立ち姿勢についてお話したいと思います。
立ち姿勢、立った時の姿勢ですね。
もう、バランス良く立つって事が一番、腰痛のために良いかと思います。
真っ直ぐ立つと言う事ですよね。
身体の重心をかかと側に付けるとか、つま先側に付ける、重心を持って来るとかいう訳で無く、重心を真中に、身体の真ん中に持って来る。

●「悪化原因—左右に重心を持ってくると悪化原因に」
後、身体の左右に重心を持って来る、右足、左足に持って来る。
そうすると、余計にまた、腰の筋肉に痛みが走ります、負担をかけます。
ですので、真っ直ぐした綺麗な姿勢で、立つ事をお勧めしたいのです。
腰痛が悪化する原因として、長時間のデスクワークがあります。
詳しくは『デスクワークの腰痛』をご覧ください。

●「ポイント1—身体をリラックスした状態で真っ直ぐ立つ」
真っ直ぐ立っていると、きついですよね、ずーと同じ姿勢ですると。
今度、他の筋肉も硬くなって来るので、他の所まで痛くなって来るかも知れません。
ですので、なるべく真っ直ぐ立った時で、楽に立って頂きたいのです。
「ピッ」と真っ直ぐ立っていないといけないと、皆さん身体を硬くされます。
でも、硬くするんではなく、リラックスした感じ。

●「ポイント2—休めの姿勢も腰痛悪化の原因に」
よく小学校の時、体操の時、「休め」の姿勢がありましたけど、あの姿勢は身体の腰が痛い時はしないでください。
「休め」をしたら、反対側に体重がかかっている事ですので、そうすると腰の痛みにもつながって来ます。
ですのでリラックスした感じで、体重も前とか後ろ、かかととかに行く訳でも無く、横、右横左横に行く訳でも無く、真っ直ぐした所に体重を持って来れる様な、楽な姿勢で立つ様にお願いします。
腰痛対策として、『腰痛時にウォーキング』を参考に軽い運動をしていただきたいと思います。

坐骨神経痛を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

坐骨神経痛をなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、40代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡県大野城市月の浦にお住いの会社員をされている方で「ホームページを見たら、坐骨神経痛の似た症状の方が改善されていたので、改善できるかもしれないと思い。10月頃から腰痛。その後足が痛くなった。元々運動はやらない。体が固く体がかちこち。自分の症状から首が原因かもと思ってここで何とかして欲しいと思った。」という理由で当院へ来られました。

施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?

坐骨神経痛で施術を受けたお客さま体験談

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(6分01秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『坐骨神経痛で施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

お客さまの感想(アンケート)

施術前後では、体の軽さが
全く違っていて、とても楽になります。

tu_akt

—【どのような悩み?】—
肩こり・腰痛があった。

—【知ったきっかけは?】—
インターネットを調べていて見つけました。

—【選んだ理由】—
皆さんの経験談を見させて頂いて、私もお願いしたいと思いました。

—【施術を受けた感想】—
来る前と帰る時では、体の軽さが全く違っていて、とても楽になります。 本当に不思議なくらいです。

tu

「t.uさま 福岡市城南区鳥飼 47歳:女性:主婦」

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【腰痛時の良い立ち方と、悪化する立ち方】
・良い姿勢:重心を身体の真ん中にもってきて真っ直ぐ立つ
・悪化原因:左右に重心を持ってくると悪化原因に
・ポイント1:身体をリラックスした状態で真っ直ぐ立つ
・ポイント2:休めの姿勢も腰痛悪化の原因に

スペシフィックカイロ路 佐藤

腰痛の時は、負担をかけてしまう悪い立ち方と、負担をかけない良い立ち方があります。
できればみなさん、負担をかけない良い立ち方をマスターして頂きたいですが、まずはできることからやっていきましょう。
ということで、まずは自分で立つ重心を意識することから始めてみてはいかがでしょうか?
体をリラックスすることで、全身の無駄な力が抜け、綺麗な立ち方に一歩近づけますので、意識してやっていきましょう。
これは、腰痛予防にもなりますので、是非とも取り組んでいただきたいことです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加