腰痛を避ける料理姿勢

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「腰痛を避ける料理姿勢」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(2分41秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

【料理中に腰痛が悪化してしまう原因は?】

●「原因1—シンクの高さや、フライパンの重さなどで」
腰痛を避ける料理の姿勢についてお話したいと思います。
腰痛の時って料理をするのは、凄く辛いと思います。
丁度、調理台の高さて言うのは少し、高かったりとか、低かったりとかするので、自分の姿勢を、そのシンクに合わせたりしますし、フライパンも結構重たいです。
そういうのを持ちながら料理をするのは、凄く腰に痛みが走ります。

●「原因2—切れない包丁・腰をかがめる行為」
また、まな板でこう、切りますよね。
切る時も、切れる包丁でしたら良いんですが、皆さんの家庭にある包丁って、料理人さんが使う様な「スパッ・スパっ」て切れる包丁じゃ無いと思うんです。
やはり力を入れて切った方のほうが多いと思います。
ですので、そういう状態で、腰を少しかがめる状態で切るので、いつも以上に腰に負担がかかると思います。

腰痛の方は普段の姿勢がどちらかに偏っている場合が多いです。
詳しくは『腰痛の姿勢改善』を見ていただきたいと思います。

【痛みが走った後は?】

●「対策1—ホットプレートなどを活用する」
痛みが走ってその後、そうですね、かなりシップを貼っても痛みが引かない位の痛みになるかと思います。
ですので、わたしの方からお願いしたいのは、腰の痛みがひどい場合は、ホット・プレートとかを有効に使いましょう。
皆で料理が出来る料理にしてもらうとか、焼き肉とかですね、皆さんに協力をしてもらう、奥さん1人で料理をするとかで無く、ホット・プレートで焼き肉をするとか、お好み焼きをするとか、後、洗いものも家族の皆さんに手伝ってもらうのが、一番ベストだと思います。

●「対策2—休憩しながらや、脚の屈伸を活用して」
どうしても料理をしなくてはいけない場合には、腰に負担が行かない様に、料理をしながら、料理をする時間をちょっと長めに取るとか、ゆっくり休憩をしながら料理をして頂く、それが一番良いかと思います。
あと、負担の無い姿勢ですね。
出来たら、脚の屈伸を使いながら、皆さんは料理をする時、腰の屈伸を使っていると思います。
腰の屈伸で無く、脚の屈伸を使いながら料理、その調理台に合わせて料理して頂く事が一番、自分の身体、腰痛の負担にかからない料理の仕方だと思います。

当院には腰痛でお悩みのお客様もこられます。
こちら『腰痛のお客様の施術後のインタビュー』も合わせて見ていただきたいと思います。

なぜ、筋肉の痙攣は起きるの?

●【筋肉の痙攣は起きるの?】
なぜ、筋肉の痙攣は起きるのかというと、まず、その仕組みを理解する必要があります。
痙攣というのは、基本的に、不随意に筋肉が激しく収縮することで起こる発作を指します。
手足を動かしている筋肉は、意思どおりに動かせるので随意筋になりますが、なんらかの理由で随意筋が不規則に勝手に収縮すると痙攣という現象が起こります。

●【痙攣の原因は何か?】
痙攣には、脳に原因があるものと、血液や筋肉に原因があるものにわかれると言われています。
その原因は、てんかんによるもの、全身性疾患によるものに区別されます。
スポーツ中にはよく、ふくらはぎに痙攣が起こることがありますが、これは、筋肉の疲労や体内の水分不足、体の冷えからくる血管の縮小によって起こるとされています。

●【年代によっても原因は違う?】
足を伸ばした時によく起こるこむら返りは、腓腹筋の異常な緊張による痙攣で起こると言われています。
高熱を出した時に痙攣が起こるのを熱性痙攣といい、小さい子供によくおこります。
高齢者に多いのは、脳血管障害や脳腫瘍による痙攣です。
その他の理由としては、薬物の急な中止や、妊娠性高血圧症における子癇、解離性障害、詐病、オーガズム、しゃっくりなどでも、痙攣が起こります。

腰痛を改善させたいと、
福岡でカイロをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

腰痛にお悩みで当院に来られた、40代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市城南区樋井川にお住いの病院事務の方で、「ホームページが分かりやすくて安心だった。大学時代はバドミントン部でバリバリやっていた。自宅で毎日2時間位DVDを見ながら汗をかいているが、痩せない。動きにも違和感があるので、カイロなどに行っていたけどしっくりこない。何かあるはずなので、理解してもらえるところはないかと探していた。」ということで、当院へ来られました。

施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロお試ししてみてはいかがですか?

首痛で施術を受けたお客さま体験談

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(8分10秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は、こちらの『首痛で施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●料理中に腰痛が悪化してしまう原因は?
原因①・・・シンクの高さや、フライパンの重さなどで
原因②・・・切れない包丁・腰をかがめる行為

●痛みが走った後は?
対策①・・・ホットプレートなどを活用する
対策②・・・休憩をはさみ、脚の屈伸をする

●なぜ、筋肉の痙攣は起きるの?
痙攣には「脳に原因があるもの」と「血液や筋肉に原因があるもの」があります。
高齢者に多い、脳血管障害や脳腫瘍による痙攣は「脳に原因があるもの」です。
スポーツ中によく起こる、ふくらはぎの痙攣などは「血液や筋肉に原因があるもの」です。

スペシフィックカイロ路 佐藤

普段何気なくとっている生活習慣や姿勢が腰痛を悪化させている場合もあります。
今回ご紹介した、料理中に無意識にとっている姿勢も腰痛の原因となっている場合が多いです。
腰痛予防のためにも『就寝時に起きる腰痛!2つの原因と5つの生活習慣』を合わせて見てください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加