下腿三頭筋(腱)皮下断裂の情報

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「下腿三頭筋(腱)皮下断裂の情報」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(2分54秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

下腿三頭筋(腱)皮下断裂の情報

●【下腿三頭筋(腱)皮下断裂とは?】
下腿三頭筋(腱)皮下断裂について当院での取り組みをお話したいと思います。

この筋肉は、脹脛のところにある膝から脚首までにある筋肉で、よく「ヒラメ筋」とかコマーシャルで言っていると思うんですけど、そのヒラメ筋ていうのとヒフク筋っていう2つの筋肉で出来ている下腿三頭筋なんですけれども、そこのところが、症状が肉離れした感じになることを皮下断裂って言います。

●【どんな症状なのか?】
症状は、歩くと痛かったりとか何もしなくても痛い時もあります。
押すと強い痛みや皮下出血がある場合もあります。
なりやすい方は、いきなり今まで運動してないで、いきなり運動をする中年すぎの方に多く見られたり、後は過激な運動をしてこられた方にも起こる場合があります。

その筋肉が、ギュっと硬くなって伸び縮みをしないで起きる皮下断裂、肉離れが起きる状態なんですけれども、筋肉が、ギュっとなってる硬くなっているやつを軟らかくしてあげる。
収縮してあげる様になると症状を改善してくるんですね。

●【どうすればいいの?】
こういう症状になると、どっちかの脚、両脚になるってのはまあ少ないんですね。
どちらかの脚になるんですけれども、そうすると片方の脚に凄い体重を掛けて歩くかたちになるかと思います。
庇うかたちで歩いてきます。

そうすると片方の方に体重を掛けるってことは、人間はバランスをとって歩くので身体の捻じれの原因にもなるんですね。
そうすると身体のどちらかに体重を掛けて歩くっていうことは、捻じれてきたり歪みがでてきます。

そうすると首のこれにも影響がでてきて、余計バランスがとりにくくなって、また肩こりとか腰痛にもなってきます。
なので首の調節をさせて頂くんですけれど、当院では。
それによって骨格が整ってきたりとか、それに伴い筋肉のバランスが整ってきて下腿三頭筋、ヒラメ筋とかも収縮する柔軟になってきます。

腰痛を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

腰痛をなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、50代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市西区壱岐団地にお住いの会社員をされている方で「整体に毎日通っているけど改善しない。最近は腰まで痛くなっている。ここはホームページに首専門と書いてあったし、施術者が女性だったので安心できた。」という理由で当院へ来られました。

施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【腰痛の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(4分44秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『腰痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【下腿三頭筋(腱)皮下断裂とは?】
脹脛のところにある膝から脚首までにある筋肉の肉離れした感じ。

●【どんな症状なのか?】
歩くと痛かったり、何もしなくても痛い時もあり、押すと強い痛みや皮下出血がある場合もあります。

●【どうすればいいの?】
片足をかばって歩くと余計ひどくなる可能性がありますので、まずは痛みを抑えて体のバランスを取ることが大事です。

スペシフィックカイロ路 佐藤

運動やスポーツをされていた方で、下腿三頭筋痛に悩まされている方は意外に結構いらっしゃいます。
これは、運動始める前のウォーミングアップ不足やクールダウン不足、体のケア不足などが重なって、筋肉断裂を生んでいることが挙げられます。
また、練習量がハードで疲労が抜けぬまま、ハードな練習を重ねてしまうことで、筋肉断裂などにつながってしまうこともある話です。
運動と休養はセットで考え、疲労をきちんと抜くようにして行きましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加