腰痛時の体勢が変わる時の注意点

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「腰痛時の体勢が変わる時の注意点」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(1分31秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

覚えてて!腰痛時に身体を動かす2つの注意点

●「注意点1—動かす場合は、ゆっくり全身を動かす」
腰痛の時の体勢が変わる時の注意点についてお話します。
腰痛の時っていうのは、体勢が変わる、ちょこっと身体を動かすだけでも痛みがビキって走ってきたりしますよね。
そういう時の注意点なんですけれども、無理に腰から動かそうとしないで身体全体で動かしてください。
もし今、右の方向いてて左の方へ向こうと思う時は、元気な場合は先ず上半身が先にそっちの方に動いていくと思うんですよね。
でも腰痛がある場合は身体全体を左の方に向かせる。足も一緒に左の方に持って行く。
ゆっくりですよ。
ゆっくりまず脚を左の方へ次に上体を向いていくのが良いと思います。
上半身だけで動かそうとすると腰の筋肉とか脇の筋肉とか使うので腰に痛みがでます、全体的に動こうとすると腰の筋肉への負担が少なくてすみます。
ですので物をちょっとでも動こう、右から左に動こうとする時は、全身を使って右から左に行ってください。
左から右に行く時も一緒ですよね。

●「注意点2—起き上がる場合は脚に力を入れて」
また、座った姿勢から立つ時も同じです。
脚に力を入れて脚力を使って立ち上がると少しは腰の負担が和らぎます。
反対に座る時も脚力を使ってください。
これは腰痛の時だけでなくそうでない状態の時も、日頃からそのようにして頂くと身体全体の筋肉を使っているので腰痛になりにくいです。
全身を使うってことで、腰痛対策になります。
お願い致します。

腰痛でお悩みの場合へ、原因と対策を知っていただきたいので『女性必見!腰痛の原因』と『腰痛体質を改善する体操』も、合わせてみていただきたいと思います。

腰痛を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

腰痛をなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、30代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡県筑紫郡那珂川町にお住いの会社員をされている方で「マッサージにいって余計に痛くなったので、その件を妻に話したら整体か整骨院がいいんじゃないか?ということだったので。元々腰痛だった。月に1~2回はマッサージに行っていたが、今回余計に痛くなった。何度行っても繰り返すので、ちゃんと治さないといけないと感じて、奥さんに相談していたら、ここを勧められた。」という理由で当院へ来られました。

施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【腰痛の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(7分03秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『腰痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【腰痛時に身体を動かす2つの注意点】
・注意点1:動かす場合は、ゆっくり全身を動かす
・注意点2:起き上がる場合は脚に力を入れて

スペシフィックカイロ路 佐藤

腰痛のときは、何をやっても痛みが出ますし、何をやってもツライです。
ですので、何もやる気が起きないかもしれません。とは言っても、実際にはやらなければならないことが目の前には山積みなんだと思います。
そこで、腰痛のときには、体を動かすときに注意して頂きたいポイントが、ゆっくり動かすということです。
急激に体を動かすと、筋肉に負荷がかかってしまいますので、急激に動かすということは絶対に避けてほしいポイントです。
ゆっくりと動くというキーワードを忘れないでください。
ゆっくり動けば、体も準備ができますので、痛みを感じることは少なくなると思います。
ですので、ゆっくり動くことで腰に負荷をかけない動きで、生活をして頂きたいと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加