未然に防げる?坐骨神経痛の予防法とは?

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「坐骨神経痛の予防は?」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(1分02秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

坐骨神経痛の原因と、予防する3つのポイント

●「予防ポイント1—腰回りや太ももを柔らかくする」
坐骨神経痛の予防についてお話したいと思います。
坐骨神経痛は、時々お尻から太ももにかけてビりっと痛みがはしるのを坐骨神経痛と言います。
それは腰とかですね、お尻などの筋肉が硬くなって起きやすくなってきます。
ですので、腰回りの筋肉とか太ももの筋肉を鍛えてあげる。
柔軟に軟らかくしておく。
そうすることによって、坐骨神経痛っていうのは起きにくくなります。

●「予防ポイント2—全身のストレッチも」
どうして軟らかくするかって言うと、やり方ですけれどもストレッチですね。
なるべくストレッチを腰回りだけでなく、脚をあげたりとかですね。
腰・脚だけでなく時間が有る時は、肩・首・腕などもストレッチをすると、身体全体が楽になっていきます。
また、ストレッチをする時は呼吸をしながらしてくださいね。
そういうふうなストレッチをやって頂くことが坐骨神経痛に効果的だと思います。

●「原因—身体の一部分に負担がかかる事でおきる」
坐骨神経痛は身体の同じところに、負担がかかる事によって起こってきます。
負担がかからないようにする事が一番ですが、仕事等でどうしても一部分にばかり負担をかけてしまう事が多いかと思います。
一部分に負担が多くかかると、身体の歪みが起こり姿勢のバランスがとりにくくなります。
バランスをとるために骨と骨の間にある椎間板や関節や筋肉に負担がかかるんですね。
それで、坐骨神経痛や椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症になっていきます。
ですので、時間の合間にはストレッチや深呼吸をして、身体の疲れを和らげてください。
今、坐骨神経痛の痛みが有る方は、ストレッチは行わないで病院の指示に従ってください。

坐骨神経痛について、『坐骨神経痛を放っておくと?』と『正座と坐骨神経痛の関係』も合わせて見ていただき、快適な生活を送っていただきたいと思います。

坐骨神経痛を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

坐骨神経痛をなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、30代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市中央区梅光園にお住いの会社員をされている方で「だいぶ前からスペシフィックカイロ路の事を知ってて行きたいとは思っていた。今回、坐骨神経痛になったので来た。いままでいろんな所に行ったが首の痛みが取れない。今までと違うので来てみた。」という理由で当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、首痛の他にも「首痛」などのお悩みも抱えていました。
施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【坐骨神経痛の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(6分01秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は、こちらの『坐骨神経痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【坐骨神経痛の原因と、予防する3つのポイント】
・予防ポイント1:腰回りや太ももを柔らかくする
・予防ポイント2:全身のストレッチも
・原因:身体の一部分に負担がかかる事でおきる

スペシフィックカイロ路 佐藤

坐骨神経痛にならないためには、日頃から予防をしていくしかありません。
毎日の予防無くして、坐骨神経痛の根本解決はありえません。
ですので、毎日意識して予防を行っていく必要がりますが、特に難しいことをするわけではありませんので、取り組んでみてはいかがでしょうか?
やはり第一は、体の芯から体を温める習慣を持つということ、日頃からの運動習慣を持つということです。
今回ご紹介した内容を毎日実践していただければ、坐骨神経痛になる確率なんて、かなり下がります。
日々の意識の持ち方ですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加