産後の坐骨神経痛の改善

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「産後の坐骨神経痛」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(2分50秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

出産後も痛い…。その坐骨神経痛の理由と対策

●「理由1—骨格が歪んでいる為」
産後の坐骨神経痛についお話します。
妊娠している時に坐骨神経痛になられる方が多いんですけども、その方たちの産後ですね。
赤ちゃんを産み終わった後の神経痛なんですけれども、大体赤ちゃんを産み終わった後は骨盤が元の位置に戻ってきますので、神経痛が治まる方のほうが多いかと思います。

でも一部の方には、骨盤が元の状態に戻ってきても神経痛がのこっている方がいらっしゃいます。
そういう方たちの対処療法とか原因療法になるかと思いますけども、その方たちは『骨格が歪んでいる』為に元の神経痛が起こらなかった状態に戻ることができなかったっていう事なんです。

●「理由2—背骨が歪んでいる」
なぜかって言うと、骨格がずれている為にどうしても骨盤だけは元の位置に戻ってきます。
骨盤が戻ってくると仙骨の位置も大体元の位置に戻ってくるんですけれども、背骨っていうのが歪んだままの状態でいらっしゃる場合もあります。
そういう方たちは、坐骨神経痛がなかなかとれないって方が多いんですけれども、そういう方たちのとり方っていうか、それは骨格を背骨を真っすぐにしてあげることが一番だと思います。

●「対策1—『骨格の施術をして』体のバランスを正しくする」
当院の方では骨格の施術を正すってことで、首の施術をさせて頂いています。
首の施術をすることによって身体のバランスがとれてくる。
で、骨格が元の位置に戻ってくることによって、坐骨の神経に触っていた骨格も元の位置に戻ってきますので、神経を触ることがなくなってきます。

●「対策2—ストレッチや散歩などをする」
でも、ご自分でしようと思われている方は、散歩とかゆっくりした運動をして頂いたりとか、あとは呼吸で骨格を正すって言うのも変ですけれども、自分で深呼吸をしながら背骨を意識しながら深呼吸をして頂いて、頭の中のイメージで骨格を真っすぐしていってるイメージで深呼吸してはき出して頂く。
ストレッチをして頂くこと。
あと散歩をして頂くこと。
ゆっくり焦らずに身体全体を動かすこと。
そういうことを色々複合的にして頂いたりすると、坐骨のところの筋肉が腰の筋肉も柔らかくなって神経痛が大分和らぐかと思います。

坐骨神経痛を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

坐骨神経痛のお悩みで当院に来られた、 40代男性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市博多区板付にお住いの主婦の方で、「薬が効かないから。数か月前からお尻が痛い。病院で投薬治療するが痛みがひどくなってきた。今までいろんな所に行ったが首の痛みが取れない。今までと違うので来てみた。」という理由で当院へ来られました。

施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。

上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロお試ししてみてはいかがですか?

●【参考:坐骨神経痛で施術を受けたお客さま体験談】
※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(6分01秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『坐骨神経痛で施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【出産後も痛い…。その坐骨神経痛の理由と対策】
・理由1:骨格が歪んでいる為
・理由2:背骨が歪んでいる
・対策1:骨格の施術をして』体のバランスを正しくする
・対策2:ストレッチや散歩などをする

スペシフィックカイロ路 佐藤

出産後の腰痛という話はよく聞くと思いますが、坐骨神経痛も意外によくる腰痛のパターンです。
やはり出産は、とても体の変化や負荷が激しく、ダメージを残す場合もあります。
坐骨神経を刺激して、そのまま坐骨神経痛でお悩みの方もいらっしゃいますので、もうすでにお困りの方は一度ご相談ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加