姿勢が悪いと膝・腰に負担かかる?

こんにちは、福岡市カイロプラクティックの「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「姿勢が悪いと膝・腰に負担かかる?」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
YouTube Preview Image

【早めに改善!姿勢が悪いとこんなに影響が】

●「負担がかかっている部分は歪んでいる可能性が…」

「姿勢が悪いと膝や腰に負担がかかりますか?」についてお話したいと思います。
姿勢が悪いってことは、どちらかに身体が傾いてたりとか身体が捻じれていたり、歪んでいたりされているかと思います。
きれいな姿勢の方っていうのは、そういう傾きや歪みがないので正しい姿勢でいらっしゃるかと思います。
そういう方は、膝や腰に負担がいかないですけれども、身体の歪みがあったりとかすると、どうしてもどちらかの・・
右だったら右の方に、右肩が下がっていると自分でやって頂いたら分かるかと思うんですけれども、やっぱり腰に負担がいきます。
腰に負担がいっているって事は、腰の高さが変ってきます。
左右の腰の高さが違ってきます。

●「『脚の長さが違うと』片側に負担がかかる」

で、腰の高さの左右が違ってくると、脚の長さも変わってきます。
脚の長さが変わってくるってことは、地面に脚が着くタイミングが違ってくるってことですね。
タイミングが違ってくると、右の方が先に着地する場合ですね。
とか左が先に着地する場合。
って言うふうに、着地する方に体重が掛かっていきますので、どうしても身体の歪みによって、バランスが崩れていることによって、膝痛になったり腰痛になったりすることが起こります。

●「『姿勢が悪いと』色々な部分に影響がでる」

でも本当は、腰とか膝とかだけでなく足首とかですね。
太ももが痛くなったりとか、あとは背中が痛くなったり腰痛になったり、首こりになったりとか言うふうに全てに繋がっていくと思います。
姿勢を横からみて綺麗な姿勢は、「足の踝の前当たり」と「膝の皿の後ろ」と「骨盤の真ん中辺り」と「肩口」と「耳の穴」を一直線に結んだところに有るのが無理のない姿勢といえますが、「肩口」は最近猫背の方が増えてきていますので、一概に肩口をといえなくなってはきています。
綺麗な姿勢をすると、身体の歪みや捻じれがない状態ですので、肩こり腰痛にもなりにくいですね。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加