納得!散歩後のクーリングダウンは必要?

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「散歩後のクーリングダウンは必要?」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(2分32秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

散歩後のクーリングダウンの注意点とその対策

●「注意点—クーラーなどで身体を冷やさない」
「散歩後のクーリングダウンは必要ですか?」についてお話したいと思います。
散歩後のクーリングダウンですけれども、夏が一番いい例かと思います。
散歩に行って家に帰ってきますよね?そうすると凄く身体が熱ってます。
熱っている状態でいきなりクーラーなどにあたると、身体が熱い状態で冷たいのをあたると凄く気持ちがいいと思います。
でも気持ちがいい分、人間の身体は極端な例でいうと、体温が40度まであがったところでクーラーでいきなり30度に下げる。
そうするとその身体が受けるストレスはかなり強いストレスを感じます。

●「対策1—ゆっくりと体温を下げるように意識する」
そこでクーリングダウンが必要ってことなんですけれども、だから徐々に徐々に自分の体温を下げていく事が必要です。
そうすることによって身体の中に巡っている血管が、徐々に徐々にその温度にあってきます。
血管っていうか、温度が高いと血の巡りが早いですよね。
それをいきなりクーラーなどで体温を下げると、そのストレスを受けないでクーリングダウンするには、ゆっくりゆっくりのクーラーの部屋に行くにしても徐々に徐々に冷たい温度にはいって行く。
だからクーラーの温度も高い温度から、徐々に徐々に下げていって頂く。
そうすることによって身体の中に与えるショックを和らげることになります。

●「対策2—『散歩の前後にストレッチ』をする」
あとクールダウンっていうのは、ストレッチが効果的ですけれども、散歩に行く前もストレッチをして動きやすい身体にしてから散歩にと、お願いしますけれども、帰ってこられてからも身体を解してあげる。
やはり散歩といえども身体の筋肉はかなり緊張しています。
ゆっくり緊張を解す為にもストレッチ、軽いくゆっくりとしたストレッチを行って頂くのが身体の為に楽に疲労回復の為にもいいかと思いますのでお願いしております。
散歩と言っても運動だと思います。
散歩後は筋肉に疲労物質の乳酸が溜まっています。
その乳酸を身体から出しやすくする為にもストレッチなどのクールダウンが必要です。

その他に、これから散歩をはじめる方は『散歩時の靴の選び方』も合わせて見ていただきたいと思います。

頚椎ヘルニアを改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

施術の説明

頚椎ヘルニアをなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、40代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市南区三宅にお住いの主婦をされている方で「整形外科でヘルニアと診断されて、3カ月後にまったく改善されてないのに治療の終わりを言われた。治療のしようがないのなら自分でするしかないのか、、、と思い、いろいろ調べてたら、スペシフィックカイロ路が出てきたので、一度みてもらおうと思った。」という理由で当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、頚椎ヘルニアの他にも「首痛」などのお悩みも抱えていました。
施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【頚椎ヘルニアの施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(7分48秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『頚椎ヘルニアの施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【散歩後のクーリングダウンの注意点とその対策】
・注意点:クーラーなどで身体を冷やさない
・対策1:ゆっくりと体温を下げるように意識する
・対策2:『散歩の前後にストレッチ』をする

スペシフィックカイロ路 佐藤

散歩後は、なるべく意識的にクールダウンを取り入れるようにしましょう。
多くの方が、強化の方ばかりに意識がいっていますが、強化ばかりでは筋肉が硬直してしまい、リラックスすることができません。
つまり、常に緊張状態にあると、最高のパフォーマンスが発揮できないということなのです。
それでは、故障の原因になってしまいますので、散歩後はゆっくりと体操を行うなど、身体をいたわってあげるようにしましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加