坐骨神経痛でも負担をかけない座り方のポイント

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「坐骨神経痛でも負担をかけない座り方のポイント」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(1分48秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

坐骨神経痛が痛い!座り方の3つのお願い

●「お願い1—何か手すりなどにつかまって座る」
「坐骨神経痛でも負担をかけない座り方のポイント」についてお話したいと思います。
坐骨神経痛』って言うのは、絶えずそこが痛いわけではないんですけど、そういう方の座り方ですね。

立ち方でもありますけども、神経痛の方っていうのはどうしても、腰からお尻、足に力が入らなかったりっていう方とか多いかと思います。
ですので物に捕まる。
地下鉄の電車とか乗る時ですね、一番端っこの方の手すりがあるところで、手すりをつかまりながらゆっくり座る。
腰に負担が掛からないようにドスッと座るわけではなくて、でも物につかまりながらだと腰の筋肉とかあんまり使わなくていいですので、物につかまりながらゆっくり座る。

●「お願い2—立ち上がるときも手すりがあればつかまって」
立ち上がる時も足を踏ん張って、ゆっくり物につかまりながらゆっくり立って頂く。
そういうことによって神経痛の痛みとかにですね、あんまり負担を掛けずに立ちあがったり座ったり出来ます。

●「お願い3—手すりがない場合は腰に負担をかけないように」
手すりとかが無い所で座る場合ですけれども、足に力を入れる。
足を踏ん張りながらって事ですよね。
なるべく腰に負担を掛けないでゆっくり座って頂く。
だから凄い腹筋が必要かと思います。
ですので、なるべく手すりがある所で座って頂くのが一番理想的かと思います。

その他に、『坐骨神経痛の不調』も合わせて見ていただけると、改善の糸口が感じられると思います。

坐骨神経痛を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

坐骨神経痛をなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、40代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市博多区住吉にお住いの飲食業をされている方で「疲れたら首が痛くなる最近は頭痛もし始めたので、改善したいと思い探している。スペシフィックカイロ路のホームページには、首と書いてあるので来てみた。いつもはマッサージ専門のところに通っている。」という理由で当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、坐骨神経痛の他にも「頭痛、肩こり」などのお悩みも抱えていました。
施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【坐骨神経痛の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(6分01秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『坐骨神経痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【坐骨神経痛が痛い!座り方の3つのお願い】
お願い1:何か手すりなどにつかまって座る
お願い2:立ち上がるときも手すりがあればつかまって
お願い3:手すりがない場合は腰に負担をかけないように

スペシフィックカイロ路 佐藤

坐骨神経痛の時は、何をするにも痛みがひどくツライことばかりです。
そんな時に少しでも楽になる方法として、今回座り方をお伝えさせていただきました。
今の痛みをひどくさせないようにするためには、腰に負担をかけないことが最も重要なことになってきます。
負担をかけない座り方として、手すりをうまく伝うように心がけましょう。
体重を腰から和らげることが出来ますので、ぜひ試してみてください。
少しでも、坐骨神経痛の痛みから早く解放されるように、活用してみてくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加