坐骨神経痛が和らぐ、上手く付き合う方法

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「坐骨神経痛が和らぐ、上手く付き合う方法」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(2分26秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

【坐骨神経痛の痛みが出た場合の対策法】

●「対策1—外出先で急に痛みが襲ってきた場合は」
「『坐骨神経痛』が和らぐ、上手く付き合う方法」についてお話したいと思います。
坐骨神経痛っていうのは、前もって坐骨神経痛っていうのが分かればいいですけれども、なかなかそうもないと思います。
なので坐骨神経痛になられた時はですね、先ず外出先でしたら痛みがひくまでそこに留まって頂いて、痛みがひいたらお家に帰って頂いてとか病院に行って頂いてするのがいいかと思います。

●「対策2—自宅で痛む部位を冷やし、安静に」
家でのことですけれども、家で戻ってきましたら先ず幹部を冷やしてあげて下さい。
冷やしてあげることによって、大分楽になってくると思います。
冷やしてあげて、その日は安静になるべく動き回らないで休んで頂きたいと思います。
そうすることで身体が大分楽になってきます。

●「対策3—落ち着いてきたと感じたらまずは軽い運動から」
楽になってきてからですけれども、なるべく身体を動かして頂きたいんです。
そうしないと身体が余計どんどん硬くなっていきます。
硬くなってからではよりも、なるべく自分で動かすようにして頂きたい。
そうすることによって、坐骨神経痛も和らいできます。

●「対策4—予防にもつながる運動を日頃から」
筋肉が硬くなっているのを動かすことによって、和らいできますので楽になって来るんですけれども、もともとの坐骨神経痛っていうのは身体の歪みから起こってきますので骨格を整えてあげること。
それが一番楽になる方法ですけれども、坐骨神経痛を骨格を整えずに長く楽につきあうには適度な運動、急激な運動ではなく軽い運動をして頂いてなるべく身体を使ってあげる、ストレッチをしてあげる、そうすることによって神経痛は和らいできますので、痛みが起こったら冷やしてあげる、アイシングしてあげる。
そうすることによって長くつきあっていけるかなと思います。

正座などをされる方は『正座と坐骨神経痛の関係』を見て坐骨神経痛の対策をしていただきたいと思います。

坐骨神経痛を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

坐骨神経痛をなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、50代男性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市南区大橋団地にお住いの会社員をされている方で「ホームページで坐骨神経痛が改善できると知って。45年ほど前にヘルニアの手術をしていて腰痛は持病になっている。5年おきくらいに腰痛が悪化して病院に行くことが多い。今回、坐骨神経痛がひどく病院では全く改善がないので、整体院を探した。」という理由で当院へ来られました。

施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【坐骨神経痛の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(6分01秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『坐骨神経痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【坐骨神経痛の痛みが出た場合の対策法】
対策1:外出先で急に痛みが襲ってきた場合は、まず安静
対策2:自宅で痛む部位を冷やして、安静に
対策3:落ち着いてきたと感じたらまずは軽い運動から
対策4:予防にもつながる運動を日頃から

スペシフィックカイロ路 佐藤

外出先で、坐骨神経痛のお痛みで困った場合の、対応方法をご紹介しました。
今回ご紹介した内容で、全てが対応できる訳ではありませんが、一つの参考事例として頭の片隅に入れておいてください。
痛みというのは、前触れもなく突然襲ってきますので、とっさの判断が大切になります。
知っているのと、知らないのとでは、結果に大きな違いを生みます。
ぜひ、坐骨神経痛の痛みが出た場合は、出るかもしれないと恐れている場合は、今回の紹介事例を参考にしてみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加