ダイエット女性必見!ぽっこりお腹と猫背の関係

こんにちは、福岡市カイロプラクティックの「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「ダイエット女性必見!ぽっこりお腹と猫背の関係」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
YouTube Preview Image

【エッ!?ぽっこりお腹で内臓を圧迫??】

●「ぽっこりお腹と猫背の関係」

「ダイエット女性必見!ぽっこりお腹と猫背の関係」についてお話します。
ぽっこりお腹っていうのは、お腹の所の筋肉が緩んでいる状態でぽっこりお腹になることが多いですよね。
その緊張が起きていない背中の方に、腰の後ろの方に緊張がはしっている状態です。
腰の後ろに緊張が走っていて、お腹の方に腹周りの所は腹筋が使えていない状態。
腹筋が使えていないので、ぽっこりお腹になって来るんですけれども、そういう方っていうのは猫背の方が多いです。

●「猫背は背中の筋肉を緊張させてしまう」

猫背って言うのは、肩が落ちた形になっています。
肩が落ちた形ですので、その方たちの肩が落ちたことは背中の筋肉、後腰の筋肉とかに緊張がはしっている状態です。
そうするとどうしても、背中の方の筋肉が緊張している状態でありながら、お腹の筋肉も緊張するっていうのは人間には難しいことです。

●「猫背だと内臓が下の方に落ちてきてしまう」

そうなると、やはりお腹の方も緊張がなくなって、筋肉が緩んで腹筋が使えていない為に猫背の方はお腹が出やすくなりますし、また、猫背になることは内臓を圧迫する形になります。
胸を圧迫するかたちですね、猫背っていうのは肩が前に落ちているので、内臓が下の方に落ちてきます。
下の方に落ちてくるので、どうしてもお腹の方の腹筋が使えなくなってくるので、ぽっこりお腹になってきます。

●「ぽっこりお腹への対策」

ですので猫背の方はなるべく背中を反らせたりとか、腹筋を意識して頂くようにすると、随分ぽっこりお腹も楽になってくるというか、少しぽっこりが減ってくるかと思いますけど、そういう方は出来ましたらお腹の臍の3~4センチぐらい下のところに手を差し込んで、たまに手を差し込んであげて息を「フー」っと先に深呼吸して頂いて、そしてお腹のところに3~4センチ下のところに手を差し込んで頂いて「フー」っと吐きながら、腸を上に上げてあげる感じ。

そうすると腸が少し上がってきます。
そこで、またお腹の腹筋が使えますので、そういうのを何回かして頂くとぽっこりお腹も大分楽になってくるかと思います。

自分が少しでも猫背?と思われる方は『自分で猫背予防法』や『「猫背」お客さまの施術、体験談』も合わせて見ていただきたいと思います。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加