転ばない躓かない身体を作る!4つの原因対策

スペシフィックカイロ路 佐藤

こんにちは、福岡市中央区警固の整体・カイロ「スペシフィックカイロ路」の佐藤です。

「転ばない躓かない身体を作る!4つの原因対策」について解説します。

まずは、こちらの動画をご覧ください。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

YouTube Preview Image

つまずく・転んでしまう4つの原因

●「原因1—つまずく時は、無意識の状態」
「原因はここ!!転ばないつまずかない身体の作り方」についてお話したいと思います。
転んだりつまずいたりするっていうのは、やはり普通に歩いていて「あれ?なんでつまずくんだろう」って思われる方が多いかと思います。
そういう方っていうか、つまずくとか転ぶっていうのは、自分の意識が全然歩いている感覚のない、無意識の状態で歩いていることが多いかと思います。
自分が歩いてますっていう意識をもって歩いていると、足元とかですね凄く注意して歩かれるので、転んだりつまずいたりってことはあまりないかと思います。
そういう無意識の状態で歩いてて、つまずく転ぶっていうのは意識が無いだけじゃなくてですね、私のところでは『手の長さ、脚の長さ測らせて』頂きます。

●「原因2—体のバランスがとれていない」
その時に脚の長さの右の方が長かったり左の方が長かったりされる方が多いです。
というか、殆ど私のところに来られる方は、身体のバランスがとれていない方が多いです。
お話を聞くと「よく転びます」とか「つまずきます」とおっしゃっています。
ですので、足の長さが違うわけですよね。

●「原因3—足の長さが違っている」
足の長さが違うところに、意識は全然違うことを思っていると、身体の方は無意識に歩いていますからつまずきやすいわけです。
どっちかが長いわけですからね。
こういう感じになって歩いているかと思います。
それを無意識では身体を真っすぐ、人間は身体を真っすぐ保とうと思いますから、身体を真っすぐ保とうとすることによって足が長い方が短い方に合わせることが出来なくて反対に短い方が長い方に合わせることが出来なくて長い足の方、右足だったら右足でよく転んだりとかですね躓いたりするんですけども、それは身体のバランスがとれていないって事です。

●「原因4—足首・膝が上がっていない」
あともう一つあるんですけれども、それは足首があがっていないって事ですね。
身体のバランスがとれているにも関わらず、つまずくっていう方もいらっしゃいます。
そういう方は足首があがっていないんですね。
もしくは膝があがってない。
そういう方は、身体の筋肉が衰えがちですよね。
ですので、身体のバランスがとれているのにつまずくなっていう方は、ストレッチとか日頃から行ってほしいと思います。
身体の筋肉を鍛えてあげることや、『捻挫(ねんざ)を予防する2つの足首体操』などで足首回りとか柔軟になりますので、そうすることでつまずきもなくなってくると思います。
身体のバランスがとれていないって思われる方は、『当院に来て頂いてバランスをとって頂く』といいかと思います。


【どうして身体のバランスが崩れてくるの?】

●「自分の身体のバランスを知ろう」
ご自分の身体のバランスについて、あまり意識してチェックをされたことがないのではないでしょうか?
洗顔や整髪、お化粧の際に自分の顔はよく見ることがあっても、なかなか自分の全身をまじまじと見る機会は少ないと思います。
毎日でなくてもいいので、例えば月に一度リラックスした姿勢で鏡の前に立ち、左右どちらかの肩が下がっていないか、しっかりチェックしてみましょう。
足の長さの違いはなかなか自分では分かりづらいので、整体院やカイロプラクティックなどでチェックするのもいいですし、可能であればうつ伏せに寝た状態でご家族にチェックしてもらうのもいいでしょう。

●「バランスが崩れてくる原因とは?」
身体のバランスが崩れてくる原因にはさまざまなものがあります。
その中で最も多い原因が、「普段の姿勢の乱れ」です。
たとえば、荷物を持つ手がいつも同じだったり、パソコン作業をする時に体が傾いていたりする場合、身体のバランスが崩れる原因になります。
足の長さに違いが出る原因は、骨盤の歪みによるものが多く、こちらもやはり「普段の姿勢の乱れ」によって歪みが生じる場合が多いです。
たとえば、椅子に座る時いつも足を組んで座ったり、・バッグをいつも片側だけにかけていたりすると骨盤が歪む原因になります。


身体のバランスを整える2つのストレッチ

●①「体の側面のストレッチ」
・足を腰幅に開き、片側に体重をかけて立ちます。(この時、体重をかける足を外股にします)
・両手の中指を、頭の付け根のくぼみ部分に当てお尻をキュッとしめます。
・背伸びをし、身体を思い切り伸ばします。
・ゆっくりと呼吸しながら体重をかけた側と反対の方向に体を倒し、体の横を十分にストレッチします。
・体を元に戻します。
・反対側も同じようにストレッチしましょう。
—やってみるとこんな感覚
脇下から腰にかけてグーッと伸び、とても気持ちいいでしょう。
呼吸を忘れないよう意識して、体の側面を十分にストレッチしましょう。

●②「体の後面のストレッチ」
・仰向けに寝て、両膝を胸元で軽く抱えましょう。
・膝を曲げた状態のまま、足をお尻のそばにストンと落とします。(同じ動きを5、6回しましょう)
・両手で腰を支え両脚を上げ、足先を頭側の床につけたあと、再び体を仰向けの状態に戻します。
—やってみるとこんな感覚
このストレッチを行う際は、両脚をつけた状態で行ってください。
背中から腰にかけてが伸ばされ、とても気持ちいいでしょう。


身体の左右のバランスを改善させたいと、
福岡でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

身体のバランスの乱れにお悩みで当院に来られた、30代男性のお客さまの事例です。
この方は、福岡市城南区七隈にお住いの事務職の方で、アムサットという科学的な療法を取り入れている点に惹かれ、当院へ来られました。
実際にお話を聞いてみると、身体のバランスの乱れだけでなく「トイレが近い、冷え症、X脚」などのお悩みも抱えていました。


しかし今は、頚椎の調整により体の歪みを取り除くことで、状態は落ち着いています。
今までと同じやり方を続けても、同じ結果しかでません。
頚椎を整え体の歪みを取り除く施術を実際にお試しいただくと、今までとは違う痛みの変化を実感することでしょう。

首痛で施術を受けたお客さま体験談

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(6分01秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『首痛で施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●つまずく・転んでしまう原因とは
「原因1—つまずく時は、無意識の状態」
「原因2—体のバランスがとれていない」
「原因3—足の長さが違っている」
「原因4—足首・膝が上がっていない」


●身体のバランスの乱れを予防・改善する2つのストレッチ
①「体の側面のストレッチ」
②「体の後面のストレッチ」


つまずく・転んでしまうことが多い方は、そうなってしまう原因が必ず身体のどこかにあります。
今回ご紹介したストレッチを日々の生活に取り入れ、身体のバランスの乱れの予防・改善に取り組んでいきましょう。

そして最後に、身体のバランスの乱れの改善に頑張るあなたへ、
この言葉送ります。

進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む。
福沢諭吉

辛い症状の改善したければ、まず何か行動にうつすことが大切です。
すぐに分かる効果は得られないかもしれませんが、その努力は必ず自分の糧になります。
いつでも、お気軽にご相談ください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加