意外と知らない腰痛と悪い姿勢のデメリット

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「意外と知らない腰痛と悪い姿勢のデメリット」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(2分50秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

意外と知らない腰痛と悪い姿勢のデメリット

●【スペシフィックカイロ路言う、悪い姿勢とは?

腰痛と悪い姿勢のデメリットについてお話したいと思います。
腰痛、腰が痛いという方はそれにも関わらず悪い姿勢をしています。
スペシフィックカイロ路で捉えている悪い姿勢というのは長時間同じ姿勢をしているということです。
何故かというと、腰が痛いにも関わらずずっと同じ姿勢をとってパソコンをしないといけない場合がありますよね?
いくら腰が痛くても「仕事しなくてはいけないんだ」ということで、パソコンにずっと向かっていらっしゃると思います。
そうすると、同じところの筋肉、パソコンに向かっているということは肩の筋肉、首の筋肉、腰の筋肉が全然動いておらず、ただ指先だけですよね?動いているのは。

●【動かない→筋肉が硬くなる→腰痛になる】

他には頭の脳も動いていますよね。
そういったところだけしか動かしていないということは、体の中がどんどん固まってきている状態、固まってきているというか筋肉が動いていない状態です。
それを続けているということは、腰痛の方は筋肉が硬くなって腰痛が起こっているわけですから、その状態なのにまだパソコンをずっと続けているということは余計に筋肉が硬くなっていく状態になっています。
ですので、そういった姿勢をスペシフィックカイロ路では悪い姿勢というんです。

●【デスクワークをされている方へのアドバイス】

そして、そういった姿勢をすると筋肉の塊がどんどんどんどん増えてくるので、スペシフィックカイロ路ではデメリットだと捉えています。
ですので、そういった方はパソコンの合間や長時間の運転中に同じような姿勢を続けているような方たちは休憩をとっていただいて、体を伸ばしてあげるということだけでも大丈夫だと思います。
休憩をとるということで、体の中のストレス発散にもなりまし、伸ばすことによって体の筋肉も緩みます。
ですので、休憩というのはすごく大事な時間なんです。
つまり悪い姿勢のデメリットは、ずっと同じ姿勢を続けているということだと思います。

デスクワークをされている方は、『質の良い休養』を参考に休日を利用して心も体もリラックスしてみてください。

腰痛を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

腰痛をなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、30代男性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市城南区片江にお住いの会社員(営業)をされている方で「鍼灸と整骨院に通っている。便秘がつづいているがここ1年位で頭痛や腰痛にもなって つらいので今通っているところと違うところを探した。首で体全体が整うのだったら便秘にも良いかと思った。」という理由で当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、腰痛の他にも「便秘、頭痛」などのお悩みも抱えていました。
施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【腰痛の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(7分03秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『腰痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【スペシフィックカイロ路言う、悪い姿勢とは?】
悪い姿勢が続くと、同じところの筋肉、パソコンに向かっていると肩、首、腰の筋肉が全然動いておらず、緊張してしまいます。

●【動かない→筋肉が硬くなる→腰痛になる】
腰痛は筋肉が硬くなって起こっていますから、パソコンをずっと続けているということは余計に筋肉が硬くなっていく状態になっています。

●【デスクワークをされている方へのアドバイス】
体を伸ばしてあげるということだけでも、体の中のストレス発散にもなりまし、伸ばすことによって体の筋肉も緩みます。

スペシフィックカイロ路 佐藤

悪い姿勢が腰痛になるのは、特にパソコン作業をやっている方です。
長時間の猫背姿勢でのパソコン作業を毎日行い続けると、背中・腰・太もも・首などの筋肉に負担をかけ続けることになります。
負担がかかり続けると、筋肉は緊張し、血流は悪くなってしまい、腰痛につながってしまいます。
悪い姿勢(猫背)は、腰痛に直結しますので、1時間に一回程度は、体をゆっくり伸ばすようにしてみましょう。
たったそれだけですが、1日の筋肉の疲労度が全く軽くなってきます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加