妊婦の腰痛も解消?女性ホルモンの関係

こんにちは、福岡市中央区警固の整体・カイロ「スペシフィックカイロ路」の佐藤です。

今日は、「妊婦の腰痛も解消?女性ホルモンの関係」についてお話したいと思います。

YouTube Preview Image

■【妊婦の腰痛も解消?女性ホルモンの関係】
今日はですね「【妊婦の腰痛も解消?女性ホルモンの関係】」について話していこうと思います。

福岡市 妊婦 腰痛 女性ホルモン 

【 なぜ妊娠中、腰痛がおきる?その理由】

●「理由1—お腹の赤ちゃんが大きくなり腰に負担」

妊婦の腰痛についてお話したいと思います。
腰痛といっても、尾てい骨や坐骨、関節のところと色々あるかもしれないです。
妊娠をすると、赤ちゃんがお腹の中で段々大きくなって、そうすると腰に負担がかかってきます。
それによって体の体重の重心が変わったりしてきて、筋肉の疲れが取れにくくなったり関節にも負担がかかってきます。

赤ちゃんが大きくなると姿勢にも影響がでますので『のお腹の張りと姿勢の関係』も、参考にして快適な生活を送っていただきたいと思います。

●「理由2—妊娠によるホルモン(リラキシン)」

また、妊娠中は女性ホルモンの分泌が多くなってきます。
この女性ホルモンはリラキシンと言い、骨盤に繋がる靭帯が緩んでそれにより関節が開いて赤ちゃんがスムーズに出てくるように働きをしてくれるのです。
リラキシンの分泌が盛んになることによって、先ほども言ったように靭帯が緩んできます。
赤ちゃんが生まれてくるときに靭帯が緩んでくれればいいんですが、そうもいかなくず、そのホルモンが出てきた時点で靭帯が緩んでくるんです。
靭帯というのは関節をブロックしてくれているんですが、それが緩んでくるので関節も不安定な状態になってきます。
それにより腰痛というのものが起こる場合もあります。

【 女性のための、腰痛を予防する対策】

●「対策—妊娠する前からの対策、妊娠後も」

腰痛の予防として妊娠する前から、そして妊娠後も出来ればずっとなんですが、体を動かして腰や肩や背中の筋肉を柔軟に柔らかくしておくこともお勧めしたいと思います。
そうすることにより、リラキシンによって靭帯が緩んでも日頃からずっと良い状態の筋肉であると腰痛も少なくすむと思います。
ですので、日頃からの運動やストレッチや散歩をお勧めしたいと思います。

他にも、肩こりなどでお悩みの方は『妊婦中の肩こり対策』も合わせてご覧になってください。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加