妊娠中の腰痛の原因とは?

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「妊娠中の腰痛の原因とは?」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(2分26秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

妊娠中の腰痛の原因とは?

●【妊娠中の腰痛の原因】
妊娠中の腰痛の原因とは?についてお話したいと思います。

●「原因1—体の重心が変わってしまう」

妊娠をすると、体は変化してきます。
お腹の中で赤ちゃんが段々と大きくなるので、体重も増えてきます。
そして、姿勢もお腹を前に突き出して背中が反ったような形になってきます。
そういった姿勢をするということは、私たちの体の重心が変わってきます。
バランスをとるために変わってくるんですが、背中を反らした状態ですので腰にすごく負担がかかってきます。

●「原因2—妊娠による女性ホルモンの分泌(リラキシン)」

また、妊娠をするとリラキシンという女性ホルモンの分泌が活発になってきます。
リラキシンというのは骨盤などの靭帯を緩ませてくれて、赤ちゃんが産まれるときにスムーズに出てこれるよう働いてくれるとても必要なホルモンなんです。
ですが、そのホルモンが妊娠の初期、妊娠が始まったときから盛んに出てくるんです。
そのために、靭帯が緩んで関節の動きにも影響が出て、関節を支えようとしている筋肉にも影響してきます。

●「原因3—生理時にもリラキシンは分泌されている」

このリラキシンというのは、実は妊娠の時だけでなく生理の時にも分泌されているんです。
ですので、生理の時にも腰が痛くなったりする方もいらっしゃるかと思います。
妊娠された方で、腰痛がずっと続く場合や、痛みが酷い場合は、もしかすると『子宮筋腫』が原因かもしれませんので、ぜひ病院でご診断するようにお願いしたいと思います。

他にも、腰痛の原因として『坐骨神経痛』も考えられますので合わせて見てみてください。

腰痛を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

腰痛をなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、30代男性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市城南区片江にお住いの会社員(営業)をされている方で「鍼灸と整骨院に通っている。便秘がつづいているがここ1年位で頭痛や腰痛にもなって、ツライので今通っているところと違うところを探した。首で体全体が整うのだったら便秘にも良いかと思った。」という理由で当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、首痛の他にも「便秘、頭痛」などのお悩みも抱えていました。
施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【腰痛の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(4分45秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『腰痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【妊娠中の腰痛の原因】
「原因1」:体の重心が変わってしまう
「原因2」:妊娠による女性ホルモンの分泌(リラキシン)
「原因3」:生理時にもリラキシンは分泌されている

スペシフィックカイロ路 佐藤

一つ注意しておかなければならないのが、妊娠して腰痛が続く場合は、ただの腰痛ではなく「子宮筋腫」などの疑いもあるということです。
妊婦さんは、体の変化が大きく10ヶ月間の間で、お腹が大きく出てきますし、体重も10キロ以上増えます。
出産後は、またお腹が凹むことになるのですが、これだけ体に大きな変化が起きるということは、精神的にも肉体的にも大きな負担をかけ続けていることになります。
妊娠中に腰痛でお悩みの場合は、まず医師の診断を受け、筋肉が原因であれば、整体院やカイロプラクティックで相談するようにしましょう。
お気軽にご相談くださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加