少しの工夫で楽!妊娠中の腰痛予防

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「脊柱側湾症からくる肩こり・腰痛の改善事例」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(3分01秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

楽になる妊娠中の腰痛予防

■【妊娠中の腰痛】
妊娠中の腰痛予防についてお話したいと思います。

妊娠をすると、お腹の中で赤ちゃんが大きく育っていくのでお腹は前に前にと出てきます。
そうすると、体を支えている重心が変わってくるので背中や腰が反った形になって、腰に負担がかかってきます。

それとはまた別に、私たちの体の中にある『ホルモンの分泌』の影響で骨盤が緩んできます。
その『ホルモンの分泌』の影響が関係していることで、腰痛になる場合もあります。

■【腰痛を予防するには?】
腰痛を予防するには、背中の腰の反り返りのために筋肉が硬くなっていますので、その筋肉を柔らかくしてあげることがいいと思います。

ですが、そのためには、無理をしない運動をお願いしたいです。
お腹に赤ちゃんがいるわけですから、急激な運動ややめていただきたいと思います。

体を動かすと、血の流れよくなってくるので筋肉も柔らかくなってきます。
長時間同じ姿勢で立ち仕事していたり、電車の中でずっと立っていたりする状態が続く場合は腰に負担がかかります。
ですので、腰痛予防のためにも座ったり休憩をして、自分の体と相談しながら体を休ませるようにしていただきたいと思います。

■【椅子での注意点】
椅子に座るときは、浅く腰掛けるのではなくて、深く椅子に腰掛けていただいて、背もたれにもたれかかっていただくと少しは楽かと思います。
椅子などが無く床に座るときもあると思いますが、床に座る場合は横座りするとすごく体に負担がかかりますので、足を前に出し伸ばした形で座っていただきたいです。

横座りはなるべくやめていただきたいと思います。
運動をしているときに、「お腹が張ったな」と感じたらすぐにやめて、お医者様に「お腹が張りました」ということを相談してください。

妊娠中の方で、むくみでお悩みの場合は『妊娠中・むくみ対策』も参考ににして、快適な生活を送ってください。

腰痛を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

腰痛のお悩みで当院に来られた、20代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市博多区博多駅前にお住いの整骨院勤務の方で、「整骨院に勤務しているし資格も持っているので、整骨院では良くならない事が分かっているので他を探していた。鍼灸、指圧、整体、漢方薬といろいろしている。首に特化は初めて知ったので興味がわいた。」という理由で当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、腰痛の他にも「首痛、側湾症、動機」などのお悩みも抱えていました。

施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロお試ししてみてはいかがですか?

●腰痛で施術を受けたお客さま体験談

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(4分44秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『首痛で施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

【アムサット測定器での体内測定結果】

岡田さん アムサット測定器の結果

【黄色~赤】
循環・代謝が良すぎる傾向で新陳代謝が困難になりやすい状態。
【水色~青】
機能低下により循環・代謝の滞りの傾向でこり(硬直症)・酸素供給の低下状態

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【妊娠中の腰痛】
妊娠をすると、体を支えている重心が変わってくるので背中や腰が反った形になって、腰に負担がかかってきます。

●【腰痛を予防するには?】
背中の腰の反り返りのために筋肉が硬くなっていますので、その筋肉を柔らかくしてあげる適度な運動が良いと考えます。

スペシフィックカイロ路 佐藤

妊婦さんと腰痛は、切っても切り離せないトレードオフの関係にあります。 妊娠するとお腹が多いくなり、体の重心が変わってきますし、分泌ホルモン(リラキシン)により骨盤に繋がる靭帯が緩んできます。 3キロにもなる大きな赤ちゃんを生む訳ですから、お母さんの体も変わって当然です。 その体の急激な変化に対応できないと、体に負担がかかり腰痛担ってしまいます。 妊婦さんだから動かないではなく、妊婦さんだからこそ、ある程度動くという発想で、体の使い方を習得するためにも動いてみてはいkがでしょうか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加