腰痛の80%は運動不足が原因ってホント?

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「腰痛の80%は運動不足が原因ってホント?」について解説します。

腰痛の80%は運動不足が原因ってホント?

●【腰痛の80%は運動不足?】
腰痛の80%は運動不足が原因と言われているそうですが、これは本当なのでしょうか?

「昔は腰痛なんて意識したこともなかったのに……」なんて嘆いていても、年齢を重ねるごとに徐々に腰やひざなど関節の痛みが気になり始めますね。
年齢と共に筋力に代表される体の機能は衰えてくるものです。
加えて運動不足であるのなら、筋力の不足はさらに深刻化します。

●【運動不足ゆえに筋力不足に・・・】
人間の体の重みを、常時支え続けるために必要な筋力は決して小さなものではありません。
運動不足な方の大半は肥満、という問題も同時に抱えているものですから、なおさら強い筋力が必要となるはずです。

しかし、運動不足ゆえに負担は大きく、運動不足ゆえに筋力不足。
悲しい現実です。

●【運動不足が腰痛の原因に】
衰えた筋力で上半身の重みを支え続けることで、腰に大きな負担がかかります。
以上が、運動不足が腰痛の原因となるメカニズムです。

そして、筋力不足が原因で発生した腰痛が原因で、正常な姿勢で上半身を支え続けることが困難となり、不自然な姿勢をとることでますます腰痛が悪化する。
このような悪循環に陥ってしまうのです。

腰痛が慢性化すると、運動を習慣化することもおっくうに感じてしまうかもしれません。
いきなり激しい運動を始める必要はありませんから、まずは、簡単なウォーキングなどから始めてみませんか?

腰痛にならないようにする生活の工夫とは?

●【腰痛は再発しやすい】
腰に不安を抱えている人は、とても多くいると思います。
ちょっとした腰痛から、歩くのもつらい腰痛まで、その程度は様々でしょう。
腰痛は一度なってしまうと繰り返しやすいものです。
腰痛にならないためにも、腰痛を再発させないためにも、体を動かす際に注意することが必要です。

●【腰痛時の荷の動かし方】
たとえば、重たい荷物でも軽い荷物でも、床に置いてあるものを動かすときには、膝を曲げ体を近づけ、膝の動きで持ち上げます。
物を動かすときには、テコの原理を応用し、支点・力点・作用点を作って小さな力でもものを動かせる工夫をするとよいでしょう。
どんな作業をするときでも、肩幅程度に脚を広げて踏ん張ることで、力を入れやすく腰に負担が少なくなります。

●【腰の重要性】
適度なストレッチや筋トレも取り入れ、時には体重を減らすことも有効かもしれません。
体に合わない寝具も腰痛を引き起こす原因となりますので、寝具を見直すことも効果的かもしれません。

腰は体の重要な部分です。
腰の痛みは全身の動きに関わってきます。
腰痛にならない、腰痛を再発させないためにも、生活の中でできる工夫は組み込んでいくようにしたいですね。

腰痛を改善させたいと、
福岡でカイロをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

腰痛にお悩みで当院に来られた、40代男性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市中央区春吉にお住いの商品のバイヤーをされている方で、「近いことと、『金額返金』の文字を見て自信を感じる事ができた。、、、」ということで、当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、腰痛だけではなく「首痛、肩痛、頸椎ヘルニア、ストレートネック」などのお悩みも抱えていました。
今は、頚椎の調整により体の歪みを取り除くことで、状態はかなり落ち着いている状況です

腰痛で施術を受けたお客さま体験談

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(7分04秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『腰痛で施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【腰痛の80%は運動不足が原因ってホント?】
年齢と共に筋力に代表される体の機能は衰え、それに加えて運動不足であるのなら筋力の不足はさらに深刻化します。
衰えた筋力で上半身の重みを支え続けることで、腰に大きな負担がかかり腰痛へと繋がるのです。

●【腰痛にならないようにする生活の工夫とは?】

その1・・・物を持ち上げる時は、膝を曲げ体を近づけ膝の動きで持ち上げる。
その2・・・適度なストレッチや筋トレも取り入れ、運動不足にならないようにする。
その3・・・合わない寝具は腰痛の原因になるので、寝具を見直すことも効果的。

スペシフィックカイロ路 佐藤

上にも書きましたが、腰は私たちの身体の中でもときに重要な部分です。
一度腰痛が起きると、完治するまでにはかなりの時間を要します。
ですので、しっかりと腰痛予防に取り組み、もし『腰痛かな?』と感じる違和感や痛みを感じたら出来るだけ早いうちに専門の機関で相談することが大切です。
まずは、整形外科でレントゲンや医師の診断を受けた上で、治療での改善が見られない場合は、専門的な知識を持つ整体院やカイロプラクティックなどにご相談ください 。
腰痛予防のためにも『腰痛だからこそ歩く!注意すべき4つのポイント』を合わせて見てください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加