オスグット病でサポーターを選ぶときの注意点

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「オスグット病でサポーターを選ぶときの注意点」について解説します。

■【オスグット病でサポーターを選ぶときの注意点】■

オスグット病でサポーターを選ぶときの注意点は、まず、膝関節の安定性を高めるようなサポーターを利用する必要があります。

そして、あまりにもきついサポーターは、膝関節や膝から下の血流を悪化させるので、避けなければなりません。

また、サポーターは、材質にも気を配る必要があり、皮膚が弱い場合、皮膚炎を引き起こすことがあります。


オスグット病でサポーターを選ぶときは、肌に合ったサポーターを選ぶか、下にストッキングの切ったものなどを入れて肌を保護すると良いでしょう。
オスグッド病の再発予防に、サポーターを利用するのは良く、脛骨粗面の骨端線につながる膝蓋腱の牽引力を緩和する作用があるので、非常に効果的です。


しかし、サポーターを使用する時は、決してオスグット病の治療期間に用いてはいけません。
そうすると、血流を圧迫して、治療効果を半減させてしまうからです。

熱感を感じるような時は、確かにオスグット病に対してサポーターは有効なのですが、それよりも、人間の自然治癒能力を活かすことに重点を置き、膝の痛みが完全に抜けた状態にまで回復することを優先させていくことが大事です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加