尺骨神経管症候群とは?

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「尺骨神経管症候群」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(2分36秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

【尺骨神経管症候群(しゃっこつしんけいかんしょうこうぐん)】

●「尺骨神経管症候群(ギヨン管症候群)」
首からの神経が脇を通り肘の内側から指にいっている尺骨神経(しゃくこつしんけい)。
尺骨神経(しゃくこつしんけい)が小指球という手のひらの小指側にありますプクッと盛り上がったところを通りますが、そこの部分で神経圧迫がおきる事をいいます。

●「症状」

小指がしびれる。薬指がしびれる。小指がまがった状態のまま伸びない

●「原因」
手首の使い過ぎ、手首を長時間机や椅子などに付くの動作で、筋肉が収縮して神経を圧迫などで起ります。

●「改善方法」
手首の筋肉が収縮を、伸び縮みする筋肉にする事です。
人間の体はいくえにも筋肉が重なって出来ています。
手の筋肉が収縮すると肘・腕・肩・首と連鎖反応のように収縮し、首の骨(頸椎)にもズレとして影響がでます。
首の骨(頸椎)のズレを、もとの有るべき位置に戻してあげると症状は改善していきます。

首の骨がズレていると首から頭・首から肩・首から腰にと何層にも重なっている筋肉が緊張します。
緊張するとその筋肉に流れている神経や血液の流れがうまく流れにくくなります。
流れにくいという事は頭などの細胞に酸素や栄養が届きにくいって事なんです。

なので首の頸椎を調整する事によって血液や神経の流れをスムーズになります。
首の骨(頸椎)の調整によって神経もスムーズに流れだしますので、自律神経も安定してきます。

●「予防方法」
長時間の手首をつくなど、手首を酷使しないようにしてください。
首の施術をお考えの方は『スペシフィックカイロ路の特徴』を参考に決められてくださいね。

頚椎ヘルニアを改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

頚椎ヘルニアをなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、40代男性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市南区大楠にお住いの会社員をされている方で「いろいろ自分の体の事を調べて行くと第一頸椎が関係してると思い、第一頸椎の施術をする所が福岡にもないか検索したらスペシフィックカイロ路のホームページが出てきた。」という理由で当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、首痛の他にも「肩こり、片頭痛、立ちくらみ」などのお悩みも抱えていました。
施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【頚椎ヘルニアの施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image


↑中心のボタンを押すと再生(8分10秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は、こちらの『頚椎ヘルニアの施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【尺骨神経管症候群(ギヨン管症候群)】
首からの神経が脇を通り肘の内側から指にいっている尺骨神経の部分で神経圧迫がおきる事をいいます。
原因は、手首の使い過ぎなどで、筋肉が収縮して神経を圧迫などで起ります。

スペシフィックカイロ路 佐藤

尺骨神経管症候群(ギヨン管症候群)は、原因は、手首の使い過ぎなどで、神経を圧迫させることが原因だと言われています。
なかなか改善できない症状として多くの人を悩ませていますが、当スペシフィックカイロ路にも、尺骨神経管症候群のお客様はいらっしゃいます。
当カイロでは、直接痛む部位に手をかざすことはありません。
頚椎の調整で痛みを改善させるという方法で施術を行っていますので、痛みで悩まされている方でも安心して施術が可能です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加