むち打ち

YouTube Preview Image

【むち打ち】

●「むち打ち」

むち打ちは、「むち打ち症」「むち打ち損傷」と一般的に呼ばれていますが、診断名としては、「外傷性頸部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)」や「頸部捻挫(けいぶねんざ)」と言います。

自動車事故やジェットコースター・スキー・スポーツ・自転車事故などで首の部分に捻挫・骨折・打ち身などで起こされます。  


●「症状」

背中や首の痛み・肩こり・耳鳴り・吐き気・『めまい』・手や足のしびれ・不眠などの症状があります。
この症状は、なった当日よりも翌日以後に出る事が多いです。


●「原因」

事故や転倒などで首に衝撃を受けて、首の頸椎(骨)がズレて頸椎に付いている筋肉や筋・神経・血管などに影響が及びます。


●「改善方法」

転倒などで首に衝撃を受けた為に、首の骨(頸椎)がズレますので、そのズレを調整して元の位置に戻しあげる事です。


●「注意点」

転倒や事故でむち打ちの症状が出なかった場合でも、この衝撃によって首の骨(頸椎)がズレて身体のバランスが崩れ、時間経過と伴に腰痛となって現われます。


頚椎のズレに関して『頚椎がズレるとどのような影響が?』も合わせてご覧になってください。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加