野球肩の解説

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「野球肩の解説」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(2分14秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

野球肩についての解説

●「野球肩」
肩関節の炎症です。人間の体の筋肉は複数ありそれがいくえにも重なり合っています。この肩もそうです。肩の筋肉の中の回旋筋腱板(かいせんきんけんばん)と呼ばれている「蕀上筋(きょくじょうきん)」『「蕀下筋(きょくかきん)」「小円筋」(しょうえんきん)』「肩甲下筋(けんこうかきん)」のインナーマッスルと言われています筋肉です。野球選手の投手に多くみられる事から「野球肩」と呼ばれています。

●「症状」
腕が上げにくい、上がらない。腕を回そうとすると違和感がある。腕を上げる時に肩に痛みがある。肩を動かすと音がする。などの症状があります。

●「原因」
野球選手の投手のように何回も同じ動作をすると、肩の筋肉(回旋筋腱板)に負担がかかり炎症を起こします。また体の片側ばかりを使う事で、身体の歪みも出て来て首の骨(頸椎)もズレます。頸椎がズレると血液の流れや神経の流れがスムーズにいかなくなって、栄養が筋肉に届きにくくなってしまします。筋肉が硬く収縮してしまいます。

●「改善方法」
首の骨(頸椎)のズレを元の位置に戻す事によって、血液や神経・リンパなどがスムーズに流れ出します。そうすると委縮していた筋肉にも栄養が届きますので、筋肉の復活になります。筋肉の使い過ぎから起ったのですからしばらくは安静第一ですが、まったく使わないと筋力が弱くなりますので、ストレッチなどは行ってください。

●「注意点」
野球肩になった時は、無理に動かそうとしないでください。応急処置として冷やす事も大事です。(炎症を抑える)

●「予防方法」
運動の前には、十分なストレッチを行ってください。野球肩と合わせて、『野球肘』も合わせてご覧になってくださいね。

首痛を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

首痛をなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、40代男性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市南区高宮にお住いの会社員をされている方で「頭痛もあったりで原因を調べてみて首が原因かもしれない。と思い福岡市で良い治療院が無いかインターネットで調べていたらスペシフィックカイロ路が出てきた。お客様の体験談があって安心した」という理由で当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、首痛の他にも「腕のシビレ」などのお悩みも抱えていました。
施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?

ストレートネックで施術を受けたお客さま体験談

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image


↑中心のボタンを押すと再生(7分31秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は、こちらの『ストレートネックで施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

スペシフィックカイロ路 佐藤

野球肩を根本的に改善させるには、まず休養させることが重要で、休養させるだけでなく、頸椎の歪みを正しい位置に整える事によって、血液や神経・リンパなどがスムーズに流れ出すという流れです。そうすると歪んでいた頚椎の調整するために、筋肉が無理していた部分の委縮筋肉にも栄養が届きますので、筋肉の柔軟性が戻り、筋肉が復活します。野球肩は、オーバートレーニングなどによって引き起こされてものですから、まず痛みが治まるまでは安静第一ですが、まったく使わないと筋力が弱くなりますので、ストレッチなどは行いながら、しっかりとお風呂に浸かるなどして対策は行いましょう。

何かお困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください。まずは、整形外科で医師の新d何を受けるべきですが、病院での治療で痛みに何も変化が起きなければ、筋肉系の調整が必要なのかもしれません。骨格を整えて、しっかりと骨格や筋肉のバランスを整えましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加