野球肩

YouTube Preview Image

【野球肩】

●「野球肩」

肩関節の炎症です。
人間の体の筋肉は複数ありそれがいくえにも重なり合っています。
この肩もそうです。

肩の筋肉の中の回旋筋腱板(かいせんきんけんばん)と呼ばれている「蕀上筋(きょくじょうきん)」『「蕀下筋(きょくかきん)」「小円筋」(しょうえんきん)』「肩甲下筋(けんこうかきん)」のインナーマッスルと言われています筋肉です。

野球選手の投手に多くみられる事から「野球肩」と呼ばれています。


●「症状」

腕が上げにくい、上がらない。
腕を回そうとすると違和感がある。
腕を上げる時に肩に痛みがある。肩を動かすと音がする。
などの症状があります。


●「原因」

野球選手の投手のように何回も同じ動作をすると、肩の筋肉(回旋筋腱板)に負担がかかり炎症を起こします。
また体の片側ばかりを使う事で、身体の歪みも出て来て首の骨(頸椎)もズレます。
頸椎がズレると血液の流れや神経の流れがスムーズにいかなくなって、栄養が筋肉に届きにくくなってしまします。
筋肉が硬く収縮してしまいます。


●「改善方法」

首の骨(頸椎)のズレを元の位置に戻す事によって、血液や神経・リンパなどがスムーズに流れ出します。
そうすると委縮していた筋肉にも栄養が届きますので、筋肉の復活になります。
筋肉の使い過ぎから起ったのですからしばらくは安静第一ですが、まったく使わないと筋力が弱くなりますので、ストレッチなどは行ってください。


●「注意点」

野球肩になった時は、無理に動かそうとしないでください。
応急処置として冷やす事も大事です。(炎症を抑える)


●「予防方法」

 運動の前には、十分なストレッチを行ってください。


野球肩と合わせて、『野球肘』も合わせてご覧になってくださいね。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加