頸肩腕症候群

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「頸肩腕症候群」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(2分17秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

頸肩腕症候群

肩腕症候群(けいわんしょうこうぐん)や頸腕症候群(けいわんしょうこうぐん)とも呼ばれています。パソコン作業などで起るので、OA病やパソコン症候群とも呼ばれています。病因がはっきりしない疾患{『頸椎椎間板ヘルニア(けいついついかんばんヘルニア)』・変形性頸椎症(へんけいせいけいついしょう)など}を頸肩腕症候群と呼んでいます。

●「症状」
首や肩・背中・腕・指に痛み・こり・しびれる・等の症状や、めまい・眼球疲労・目の痛み・『頭痛』・耳鳴りなどが起ります。また自律神経の乱れで、情緒不安定・自律神経失調症・生理不順・などもあります。男性よりも女性に多くみられます。

●「原因」
パソコン作業などで起ります。OA病やパソコン症候群とも呼ばれています。肉体的ストレスと精神的ストレスも原因といわれています。ストレスやパソコン作業は、首の骨(頸椎)がズレる原因でもありますし、反対に頸椎がズレている事で起ったともいえます。

●「改善方法」
この症状の方は首の骨(頸椎)がズレています。首の骨(頸椎)のズレを、もとの有るべき位置に戻してあげると症状は改善していきます。首の骨がズレていると首から頭・首から肩・首から腰にと何層にも重なっている筋肉が緊張します緊張するとその筋肉に流れている神経や血液の流れがうまく流れにくくなります。流れにくいという事は頭などの細胞に酸素や栄養が届きにくいって事なんです。なので首の頸椎を調整する事によって血液や神経の流れをスムーズになります。

首の骨(頸椎)の調整によって神経もスムーズに流れだしますので、自律神経も安定してきます。肩や腰・首などの軽いストレッチをすると軽減されてきますし起りにくくなります。深呼吸も気が付いたら時で良いのですると効果的です。

●「注意点」
運動はして頂きたいのですが、ゆっくりとした動作で行ってください。腕を回したりした時に痛みが出る場合は、軽いストレッチにしてください。

●「予防方法」
パソコン作業などの長時間同じ姿勢の方は、作業中にほんの少しで良いので身体をリラックスする為に手を休めて、ストレッチっていう程大げさでなくても良いので、手 を上にあげて伸び伸びっとしたり・トイレ等に行く時は手を大きく振って脚も腿から挙げて歩いたりと、身体を動かして下さい。

目も疲れやすいので、ぎゅっと瞑ったり開いたり、時には両手で目を覆ってあげるだけでもかなり違います。ぬるめのお風呂に入ったり、温泉にいったりと自分なりのストレス発散法を見つけれると良いですね。ストレスの方はセロトニンが不足している場合も有りますので、深呼吸を取り入れたりガムを噛んだりすると、セロトニンが出てて来ますのでお勧めです。

首痛を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

首痛をなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、20代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市中央区大名にお住いの会社員をされている方で「東京にいたが今年の始め福岡に来て首を扱う治療院を探していた。これまでにインターネットの検索で上がった所に行ってみたが自分に合わなかった。いつも同じキーワードでしてたけどスペシフィックカイロ路が始めて上がって来てたので来てみました。」という理由で当院へ来られました。

施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【首痛の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image


↑中心のボタンを押すと再生(8分10秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は、こちらの『首痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

スペシフィックカイロ路 佐藤

頸肩腕症候群の主な原因は、パソコン業務などによる過労です。個人差はありますが、少なくとも主な原因は仕事によると考えていいと思います。

【原因①:使いすぎによる過労】
たとえば長時間のパソコン作業など細かい作業を、毎日毎日やり続けると、特に姿勢が悪い場合など、とてもせまぁやお腹など筋肉が異常緊張し、筋肉は疲労します。それでもなお、毎日休まないで使い続けると、だんだんと痛み、こり、などをおこし、血行が悪くなることで、腰痛や頭痛や首痛などの症状が出てきます。

【原因②:じっとしている疲れ】
体の筋肉は、ある程度の運動を行なうことで、筋肉の柔軟性が生まれ、ポンプの力が生まれ、血液循環を良くすることができるようになっています。ところが反対に、体を動かさないでいると、筋肉は異常緊張し硬直することで、ポンプの力が弱まり、必要な酸素や栄養素が充分に補えず、疲労物質がたまるのです。

【原因③:全体としての運動不足】
身体の全体的な運動不足もあります。日常の仕事や生活の中で、あまり体を動かさないことが増えていて、運動不足になります。汗をかくことが少なくなったのではないでしょうか?とくに下半身の筋肉を大きく使うことが少なくなっているため、全身の血液の流れもとどこおりがちです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加