腱板損傷

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「腱板損傷・腱板断裂」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(2分15秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

腱板損傷

●「腱板損傷(けんばんそんしょう)(腱板断裂)」

五十肩に似た症状なので昔は五十肩と間違えられていました。 五十肩は腕が上げにくいですが、腱板損傷の場合は上にあがります。 腱板は、蕀上筋(きょくじょうきん)『蕀下筋(きょくかきん)』小円筋(しょうえんきん)肩甲下筋(けんこうかきん)の筋肉の事です。

●「症状」
腕を上ようとするとスムーズに上がらない。 腕を上げる途中が痛む。 症状が進むと五十肩と同じように、腕が上げにくい・痛いなどの症状になってきます。

●「原因」
転倒したりしておもわず手をついてなる場合もあります。 加齢も関係しています。 重い荷物を持ち上げたり、上にあげたりしてもなる場合があります。

●「改善方法」
この症状の方は『首の骨(頸椎)がズレ』ています。 首の骨(頸椎)のズレを、もとの有るべき位置に戻してあげると症状は改善していきます。 首の骨がズレていると首から頭・首から肩・首から腰にと何層にも重なっている筋肉が緊張します。 緊張するとその筋肉に流れている神経や血液の流れがうまく流れにくくなります。 流れにくいという事は頭などの細胞に酸素や栄養が届きにくいって事なんです。 なので首の頸椎を調整する事によって血液や神経の流れをスムーズになります。

●「注意点」
炎症がある場合は冷やしてください。 痛みがなくなったら温めると血行が良くなるので効果的です。 運動は痛みが無くなりましたら、軽いストレッチを始めてください。

●「予防方法」
日頃からストレッチなどで、肩回りを軟らかくしておいてください。

五十肩を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

五十肩をなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、60代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市南区高宮にお住いの会社員をされている方で「痛くないやり方で改善させたかったので。7年ほど前左手に同症状あり手術。15年前右五十肩自然治癒。20代の頃卓球をやっており、腰を痛めヘルニア発症。2ヶ月入院し牽引くらいしか治療していない。肩コリがひどいので、整骨院併設のリンパマッサージに頻繁に通う。症状は悪化傾向なので、違う施術方法を探した。」という理由で当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、五十肩の他にも「手のしびれ、手根管症候群、肩コリ、首こり」などのお悩みも抱えていました。
施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?

五十肩で施術を受けたお客さま体験談

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(2分17秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は、こちらの『ストレートネックで施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【腱板損傷】
スペシフィックカイロ路の施術としては、首の骨(頸椎)のズレを、もとの有るべき位置に戻して行きます。

スペシフィックカイロ路 佐藤

腱板損傷はなかなか改善できないですよね。腱板を損傷している訳ですので、まずは体の回復力である自然治癒力に頼ることが重要でもあります。それと同時に、体に負荷をかけない本来の体の姿も必要だということです。多くの人は、生活習慣の悪い癖で頚椎の歪みが出ていたりしますが、その歪みを整えることで、体に無理のない自然な状態を作り出す必要があります。作り出すというよりは、本来の自然な姿に戻すというイメージです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加