肩峰下インピンジメント症候群(けんぽうかいんぴんじめんとしょうこうぐん)

YouTube Preview Image

【肩峰下インピンジメント症候群(けんぽうかいんぴんじめんとしょうこうぐん)】

●「肩峰下インピンジメント症候群(けんぽうかいんぴんじめんとしょうこうぐん)」

野球など投球動作や水泳・『テニス』のように肩・腕を頻繁に使う方。
加齢により起ったりします。
インピンジメントとは、衝突という意味です。
肩峰下インピンジメント症候群は、蕀上筋腱炎(きょくじょうきんけんえん)を起こしやすいです。


●「症状」

五十肩に良く似た症状があります。
肩を上げる時に途中で痛みや違和感がありそこから上には上がらなくなります。
症状が進むと夜中に痛みがでる事もあります。


●「原因」

肩の使い過ぎにより肩の先端にある、鳥口肩峰アーチ(うこうけんぽうアーチ)で蕀上筋腱(きょくじょうきんけん)・関節包(かんせつほう)・上腕二頭筋腱(じょうわんにとうきんけん)・肩峰下包(けんぽうかほう)が運動によって何度も挟まれて炎症して痛みとなって現われてきます。
加齢による原因としては、肩の先にある骨蕀(こつきょく)と言われる先が尖った物が出来て、腕を上げる時に腱板が当たって炎症や断裂が起ります。


●「改善方法」

この症状の方は首の骨(頸椎)がズレていると考えられます。
肩の痛みにより筋肉が収縮します。
収縮はその場所だけでなく他の筋肉にも収縮が連鎖反応のように起り首の骨(頸椎)にズレを起こします。
首の骨(頸椎)のズレを元の位置に戻す』事によって、血液や神経・リンパなどがスムーズに流れ出します。
そうすると委縮していた筋肉にも栄養が届きますので、筋肉が楽になります。


●「注意点」

肩を良く使うとだんだんと症状が悪化してきます。
症状が悪化した場合は手術をする事にもなります。


●「予防方法」

筋肉を使い過ぎないでください。
運動の時はストレッチを行ってください。


他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加