三角筋痛(さんかくきんつう)

YouTube Preview Image

【三角筋痛(さんかくきんつう)】

●「三角筋痛(さんかくきんつう)」

肩を覆うように付いている筋肉で、前・側面・後ろとそれぞれ役目が違います。
肩関節と腕をつないでいる筋肉でもあります。
外からの障害で起った場合は、三角筋挫傷(さんかくきんざしょう)とも呼びます。


●「症状」

肩の痛み・肩と背中の痛み・腰痛・肘痛・腕を回したら痛い・腕を上げると痛い・肩腕に違和感がある等の症状があります。


●「原因」

野球やテニスなどで、肩を酷使した場合や『長時間のパソコン作業』などで指や腕を使用した場合に起ります。 重たい物を持ち上げる作業を長時間しても起る場合があります。
三角筋挫傷(さんかくきんざしょう)は、ころんだり、ぶつかったり、すべったりして肩を痛めた場合に起ります。


●「改善方法」

この症状の方は首の骨(頸椎)がズレていると考えられます。
肩の痛みにより筋肉が収縮します。
収縮はその場所だけでなく他の筋肉にも収縮が連鎖反応のように起り首の骨(頸椎)にズレを起こします。
首の骨(頸椎)のズレを元の位置に戻す事』 によって、血液や神経・リンパなどがスムーズに流れ出します。
そうすると委縮していた筋肉にも栄養が届きますので、筋肉が楽になります。


●「注意点」

痛い時に運動やストレッチもおこなって欲しいのですが、勢いをつけてとかやり過ぎないようにしてください。


●「予防方法」」

運動やストレッチをおこなってください。 身体を柔軟にする事が予防になります。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加