プログラマーお勧めの首痛の解消法

プログラマーは、一日中、パソコンと向き合う仕事でもあるので、普通のデスクワーク以上に首を酷使します。
そのため、適切な首痛解消法を行う必要があります。

首が疲れる主な原因は、約6キロもある頭を首の筋肉が支えていることにあります。
そして、プログラマーのように、うつむいた姿勢で仕事をする場合は、首への負担はその3倍にもなります。

こうしたことを強く意識すると、プログラマーお勧めの首痛の解消法は、まず、姿勢を良くすることにあります。
頭を首の上に乗せるような感覚を常に意識することです。
そして、できるだけ同じ姿勢を続けないことです。
作業中は15分に一度は首のストレッチをするよう努めることです。
次に、首を暖めることが大切で、風呂に入る時は首までつかることです。
そして、風呂上りに髪をしっかりと乾かし、冬はマフラーを忘れないことです。

また、首痛を少しでも感じたら、暖めたタオルで頚椎(けいつい)を温めることです。
首の筋肉を鍛えることも大事で、頭を後ろに反らしたり、頭を横に倒したり、頭を左右に回すことを少しずつ負荷を掛けて行いましょう。


他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加