五十肩の理想的な運動療法は?

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「五十肩の理想的な運動療法は?」について解説します。

●【五十肩の理想的な運動療法は?】
五十肩(ごじゅうかた)になってしまった時、腱板の炎症が痛いからといって肩を動かさないでいると、肩周辺が癒着して、痛みがなくなった後も、腕が動かなくなる事があります。

五十肩では、積極的に肩を動かす事が大切です。
五十肩に効果があるのは、小さい負荷を繰り返す運動です。
『アイロン体操』『壁伝い』などは五十肩に効果がある体操として知られています。

●【アイロン体操の4つ手順】
『アイロン体操』では500mlのペットボトルを使用します。
①腰くらいの高さの台に、痛くない方の手をつき体を前かがみにします。
②痛い方の手で、ペットボトルを持ち、肩の力を抜いて、腕を下に垂らします。
③ペットボトルを持った手を、『前後』『左右』『円を描く』と振り子のように動かします。
④痛みの出ないように、ゆっくりそれぞれ10往復します。

●【壁伝いの2つ手順】
『壁伝い』は道具を使わないので更に簡単です。
①壁に向かって立ちます。
②体を動かさず、痛む方の腕の『人差し指』『中指』を使って腕を上げていきます。
壁伝いは横向き、前向きどちらも行いましょう。

五十肩の体操は、痛みがひどい時は無理をしないように気をつけます。
小さい負荷の運動を、少しずつ繰り返して行う事が大切です。
体操の前には、肩を温めてから行うようにしましょう。

五十肩を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

五十肩をなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、50代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市中央区赤坂にお住いの公務員をされている方で「今まで鍼灸に通っていたが改善がみられない。家に近かったし、ホームページがとても丁寧で分かりやすかったので。」という理由で当院へ来られました。

施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?

五十肩で施術を受けたお客さま体験談

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(2分17秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は、こちらの『五十肩で施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【五十肩の理想的な運動療法は?】
積極的に肩を動かし小さい負荷を繰り返す運動が大事です。

●【アイロン体操の4つ手順】
500mlのペットボトルを両手に持って、ゆっくりそれぞれ前後に10往復します。

●【壁伝いの2つ手順】
壁に向かって、指を使って壁を登っていく運動です。

スペシフィックカイロ路 佐藤

五十肩は、腕が上がらずツライ痛みがありますが、決して諦めないでください。
治らないということはありません。
まだ、治る方法に出会ってないというだけですので、希望を捨てずに改善に取り組んで下さい。
病気でない限りは、骨格の歪みや筋肉の張りなどが、根本的な痛みの原因です。
長年の生活習慣の悪い癖が積み重なって、痛みに繋がってしまっているのです。
痛みを改善させるのと同時に、痛みを生み出した生活習慣も見直して行きましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加