肩の「コリコリ」の筋肉は僧帽筋を動かす

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「肩の「コリコリ」の筋肉は僧帽筋を動かす」について解説します。

肩の「コリコリ」の筋肉は僧帽筋を動かす

●【僧帽筋とは?】
まず、みなさんは、僧帽筋(そうぼうきん)という筋肉が、どこに位置していて、どんな時に使われる筋肉か知っていますか?
この僧帽筋がある位置は、首の後ろ側の下のほうで、ひし形のようになっていて、肩を引き上げる動作や、後ろに引っ張る動作で使われます。
名前の由来は、僧侶の帽子のような形の筋肉であることからです。

●【僧帽筋を鍛えると?】
僧帽筋を増強すると、首が太くがっしりと見えます。
僧帽筋の血流が悪かったりすると、血流の悪さが原因の肩こりを発症したりもします。
逆に、僧帽筋を鍛えていくことで、血流を良くして、血流の悪さから来ている肩こりを解消することもできるのです。

●【僧帽筋を鍛える方法とは?】
この僧帽筋を鍛える方法ですが、ショルダーシュラッグというトレーニングが効果的なようです。
ダンベルや、バーベルがあればできるトレーニングなので、ネットでやり方を調べれば、すぐにできるトレーニングだと思います。
ショルダーシュラッグ以外にも、いろいろなトレーニング法があると思いますので、いろいろな鍛え方を調べてみてください。
また、トレーニングは、やり過ぎてもいけないので、回数の目安なども調べて、参考にしてみてください。

ストレートネックを改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

ストレートネックをなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、50代男性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市東区香椎浜にお住いの自営業をされている方で「ストレートネックに関する情報など、ホームページが充実していたので、とても分かりやすい。自分の症状と照らし合わせ、それと機械にも興味がありココに決めた。」という理由で当院へ来られました。

施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【ストレートネックの施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(7分30秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『ストレートネックの施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【僧帽筋とは?】
肩を引き上げる動作や、後ろに引っ張る動作で使われる筋肉です。

●【僧帽筋を鍛えると?】
僧帽筋を増強すると、首が太くがっしりと見えます。

●【僧帽筋を鍛える方法とは?】
ショルダーシュラッグというトレーニングが効果的なようです。

スペシフィックカイロ路 佐藤

僧帽筋は、肩を引き上げる動作や、後ろに引っ張る動作で使われていますが、この筋肉が弱ってくると姿勢が悪くなってしまいます。
猫背の姿勢というやつです。
猫背になってしまうと、腰や背中だけでなく、太ももなどの筋肉を引っ張ってしまうことで、負荷をかけてしまいます。
この状態が続いてしまうと、腰痛や背中痛、ひどくなってくると首痛などにもつながってきます。
僧帽筋だけを鍛えれば良いという訳ではありませんが、体全体の筋バランスを整えるようにしていきましょう。
まずは、体を動かすということから初めてみては如何でしょうか?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加