歩いてる時に出来る五十肩を予防する方法

四十代を過ぎた頃から少しずつ肩に違和感を生じ始め、五十肩(ごじゅうかた)の予感がするという方や年をとるにつれて現れる五十肩を予防したいと考えている方は、『歩いてる時に出来る五十肩を予防する方法』を実践してみてください。

五十肩は肩関節の病気の総称であり、腱板損傷(けんばんそんしょう)や腱板の炎症といったことが考えられます。

これを予防するためには習慣的なストレッチが効果的といわれていますが、毎日キチンと行えるという人も少ないと思います。

そういった時は歩きながら両手をグルグル回すということを習慣化してみてください。

ずっとやっているとさすがに不審ですが、少々手を回したところでストレッチをしていると判断してくれることでしょう。

キチンとしたストレッチは毎日できないという人も多いでしょうが手を回すだけならば、歩いてる時でも手間なく実践できますから五十肩を予防したいと考えている方は定期的に試してみてください。

ちなみに、五十肩に良く効くといわれているツボが肩の付け根にありますから、歩きながら手で刺激するということも予防するうえでおすすめですよ。


他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加