首痛にならない枕の当て方

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「首痛にならない枕の当て方」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(2分32秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

首痛にならない為に覚えてて!枕の当て方

●「ポイント1—枕が合わないと起きた時に首や肩が張っている」
一応これを枕と思ってください。
皆さんは多分、多分なんですけど、枕って頭のここの突端部の所、に当てているだけの方が多いかと思います。
そうすると、枕が当たってお布団がここ肩に、下ですね、ここは浮いてるだけの形になります。
で、浮いてるって形は、あのー、凄い不安定な状態、首が不安定、浮いているので不安定な状態になっているかと思います。
なので、すっごく筋肉が不安定なので張ってるんですね。
なので、朝起きた時に肩がえらい張っているとか、首が張っている状態になり易いかと思います。

●「ポイント2—枕を購入するときに、自分に合うか確かめる」
そのお勧めは、首のここ、ここを押すと、そこから先は枕を当ててあげて、ここら先にに枕があると言う状態で寝て頂くと首が安定します。
首が安定するって言う事は、筋肉の余計な張りが無くてすむということですね。
緊張しなくて済むって事なので、すごく楽になります。
翌日の肩こりとかも大分それで取れるかと思われます。
ですので、枕は必ず首の所から当てて頂く、ただ首の所から当ててるんで、首の所って、すごく隙間がありますよね。
で、薄いんですよね、その隙間って、だからその辺を考えて、自分で買った枕って言うのを考えて頂きたいと思います。
詳しくは『理想的な枕』を見てくださいね。

●「昔の武士がしていた枕は首に負担がかかっている」
昔の方って、武士の人とかは、武士だけではないですけど、枕が凄い高い、高い枕で寝ていましたね。
そうすると、こう言う状態になっているために、すっごくここら辺が昔の方は緊張があったんですね。
でも、最近は自分に合った枕を、皆さんは見つけることが出来ます。
ですので、自分に合った一番、首とかに負担のかからない枕を選んで頂きたいと思います。
首痛でお悩みだったお客様の『 施術後のインタビュー』も合わせてご覧ください。

首痛を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

首痛をなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、30代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市中央区大名にお住いの主婦をされている方で「スペシフィックカイロ路のホームページの記事を読んで、子供が幼稚園に行っている間に行けるところを探していた。」という理由で当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、首痛の他にも「頭痛、首痛、腰痛」などのお悩みも抱えていました。
施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【首痛の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image


↑中心のボタンを押すと再生(10分56秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は、こちらの『首痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【首痛にならない枕の当て方】
ポイント1:枕が合わないと起きた時に首や肩が張っている
ポイント2—枕を購入するときに、自分に合うか確かめる

スペシフィックカイロ路 佐藤

枕というのは、非常に重要な寝具の一つで、人間の重い頭を枕が首を支えています。横になって寝ている状態の人間の首には、重い頭を支えているため、かなりの負担んがかかっています。枕の高さが高くて首に負担がかかると、翌朝首が痛くなっていたりしませんか?首の筋肉に負荷がかかりすぎて、筋肉を痛めているのです。

首痛にならないために、お勧めするのはバスタオルでの枕高さ調整です。高い場合は低くしてバスタオルを挟んで、もっとも呼吸がしやすい高さに合わせるようにしましょう。基準となるのは「呼吸がしやすい高さ」です。この高さを意識して合わせることで、枕の高さ調整は問題ありません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加