授乳中の首痛対策

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「授乳中の首痛対策」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(2分10秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

授乳中の首痛対策と注意点

●「痛くなる原因—長時間の授乳の姿勢」
授乳中とか赤ちゃんを抱っこしている時の首痛対策なんですけど、授乳している時ってどうしても、こう抱えるだけでも肩が張りますね。
そこで赤ちゃんの重たさがかかって、また余計に肩とか首とかに張りが出てきます。
そこで赤ちゃんにあげてる時ってお母さんはどうしても、こういう姿勢、少し斜め前でこうやって赤ちゃんを覗き込む様な感じで授乳をされているんですけど、そうすると又余計にここに張りが出て、それが1~2分でじゃないですよね?

●「対策—空いてる時間でストレッチ」
授乳の時って、結構長い時間この姿勢を保ち、どうしてもお母様がたってのは首とか肩の張りがすごい、腕の張りとかがですね。
疲れ、腕の疲れが出て来られる方が多いです。
そういう方の首痛対策なんですけども、赤ちゃんにお乳をあげている時には、その姿勢が一番ベストだと思うんですが、あげてない時は、出来ましたら首をこうしてるのを、出来たらこう横に振ってあげるとか、それもこう「パンパンパン」じゃなくてゆっくりですね、ゆっくり振ってあげるとか、あと、横を向くとか、上を向く、下を向く、とかたまに回す、回す時も首を後ろに倒さないで、倒さない感じで回す。

●「注意点—首の後ろには神経が通っているので倒さない」
倒すとですね、ここにある神経とか通ってますので神経圧迫になりますので、倒さないで回す。
ちょっと難しいかもしれませんけど、倒さないで回す様にして頂くと、ここら辺の筋肉が、大分ほぐれてきますのでこの事をやって頂きたいと思います。 こちらの『産後の坐骨神経痛の改善』も合わせてご覧ください。

顎関節症を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

顎関節症をなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、30代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市南区桧原にお住いの看護師をされている方で「今までも鍼や整体、歯科などいろいろ行ってみているが改善しない。スペシフィックカイロ路のホームページの記事を読んで首と書いてて、自分も首肩腰が痛いのでもしかしたら?と思いました。」という理由で当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、顎関節症の他にも「肩こり、片頭痛、立ちくらみ」などのお悩みも抱えていました。
施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【顎関節症の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image


↑中心のボタンを押すと再生(8分10秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は、こちらの『顎関節症の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【授乳中の首痛対策と注意点】
・痛くなる原因:長時間の授乳の姿勢
・対策—空いてる時間でストレッチ
・注意点—首の後ろには神経が通っているので倒さない

スペシフィックカイロ路 佐藤

授乳中のお母さんは、とても大変な負担が首にかかっています。その負担を首にかかりっぱなしだとすると、すぐに首痛や肩こり、頭痛などに繋がってしまう可能性が高いです。赤ちゃんを抱っこしていたりで、筋肉が常に硬直している訳ですから、血行も悪くなりますし、筋肉がリラックスできることもなくなります。それが積み重なると、痛みになるのです。

では、どうすればいいのか?まずは、首周りをリラックスできるような環境にすべきだと思います。例えば、ゆっくりお風呂に入ることで、筋肉を緩めてあげるとか、ストレッチを行うことで筋肉の収縮を生み出すなど。筋肉の収縮性とリラックスを生み出すことが必要になってきます。何か心配なことやご心配があれば、いつでもご相談ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加