柔かいマットレスの首痛対策

こんにちは、福岡市カイロプラクティックの「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「柔かいマットレスの首痛対策」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。
YouTube Preview Image

【柔らかいマットレスの首痛対策ポイント】

●「ポイント1—柔らかいマットだと、身体ほど頭は沈まない」

柔いというのは、クッション性が柔かいということですね。
そういうマットレスで寝ている方の腰痛対策なんですが、柔らかいベットで寝ているとあの、頭と体がありますよね、こことここ、体の方は重たいで、柔らかいんで沈んでしまいます。
で、頭の方も沈みますけれども、体ほどには沈まないので、どうしても歪みが出来やすくなるんですね。

●「ポイント2—身体の沈みに合わせて枕の高さを調節する」

なので、出来たらあの硬い、少し硬いベットで寝て頂きたいんですけど、買い換える訳行かないんで。
それで、首痛対策なんですけれども枕の高さを考えて頂きたいと思うんですよね。
肩とかが重たいので落ちてしまって、頭はこう言う風な感じで寝てしまう事が多いと思うんですけど。
そうすると、首にもすごく負担がかかるので、枕の高さは、なるべく低めの方が良いかと思います。
この分の、この分のですね、高さを考えると低めの方がいいと思います。

●「ポイント3—起き上がる時、首や腰に負担をかけない」

あと、ベットから起き上がる時とかは、この分起き上がった状態で、そこから皆さん起き上がるけれども、そうすると一見、腰とか首がこうなっている状態で、こう、上げるので、負担が来やすいんですよね。 余計、筋肉が張り易くなります。
ですので、横向いて、手を自分の前のとこら辺に置いて、起き上がって頂くと、そういう姿勢をすると、首の痛みとかになり難いと思います。
なのでそういう風な、ベットでの寝方をお願いしたいと思います。

生活に支障がでる程の首痛の対処法』も合わせてご覧くださいね。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加