柔かいマットレスの首痛対策

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「柔かいマットレスの首痛対策」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(2分18秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

柔らかいマットレスの首痛対策ポイント

●「ポイント1—柔らかいマットだと、身体ほど頭は沈まない」
柔いというのは、クッション性が柔かいということですね。
そういうマットレスで寝ている方の腰痛対策なんですが、柔らかいベットで寝ているとあの、頭と体がありますよね、こことここ、体の方は重たいで、柔らかいんで沈んでしまいます。
で、頭の方も沈みますけれども、体ほどには沈まないので、どうしても歪みが出来やすくなるんですね。

●「ポイント2—身体の沈みに合わせて枕の高さを調節する」
なので、出来たらあの硬い、少し硬いベットで寝て頂きたいんですけど、買い換える訳行かないんで。
それで、首痛対策なんですけれども枕の高さを考えて頂きたいと思うんですよね。
肩とかが重たいので落ちてしまって、頭はこう言う風な感じで寝てしまう事が多いと思うんですけど。
そうすると、首にもすごく負担がかかるので、枕の高さは、なるべく低めの方が良いかと思います。
この分の、この分のですね、高さを考えると低めの方がいいと思います。

●「ポイント3—起き上がる時、首や腰に負担をかけない」
あと、ベットから起き上がる時とかは、この分起き上がった状態で、そこから皆さん起き上がるけれども、そうすると一見、腰とか首がこうなっている状態で、こう、上げるので、負担が来やすいんですよね。 余計、筋肉が張り易くなります。
ですので、横向いて、手を自分の前のとこら辺に置いて、起き上がって頂くと、そういう姿勢をすると、首の痛みとかになり難いと思います。
なのでそういう風な、ベットでの寝方をお願いしたいと思います。
生活に支障がでる程の首痛の対処法』も合わせてご覧くださいね。

首痛を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

首痛をなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、30代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市南区老司にお住いの会社員をされている方で「スポーツトレーナーと整体院に努めていた。そこで体を鳴らしたり押したり捻ったりしていたので、そういった事をしない所を探している。」という理由で当院へ来られました。

施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【首痛の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image


↑中心のボタンを押すと再生(8分10秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は、こちらの『首痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【柔らかいマットレスの首痛対策ポイント】
・ポイント1—柔らかいマットだと、身体ほど頭は沈まない
・ポイント2—身体の沈みに合わせて枕の高さを調節する
・ポイント3—起き上がる時、首や腰に負担をかけない

スペシフィックカイロ路 佐藤

柔らかいマットレスだと、体が沈んでしまう可能性がありますので、しっかりとまくらも体の沈みに合わせて調整する必要があります。体が沈み込めば沈むほど、首へかかる負担が高まりますので、睡眠において枕の高さ調整はとても重要なポイントです。市販の枕でも調整が難しい場合は、バスタオルで微調整を行うと良いでしょう。その際は、呼吸が一番楽な体勢を整えるようにしましょう。呼吸がしやすい体勢になってないと、呼吸がしにくく結局は体の疲れが取れにくい状態になるわけです。しっかりと質の高い睡眠を取ることで、体の疲れも回復させていきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加