低すぎる枕の影響とは?

こんにちは、福岡市カイロプラクティックの「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「低すぎる枕の影響とは?」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。
YouTube Preview Image

【そのいびきは低い枕が原因??】

●「枕の高い低いには、自分の身体に適した場所がある」

「低すぎる枕の影響とは?」についてお話したいと思います。
低すぎる枕っていうのは、自分が寝てる時のこの高さが低すぎる場合ですよね。
本当は枕の高さで丁度いい具合に調節が出来るのに、それが余計低いっていうと頭が後ろに下がってしまう事になります。

●「枕が合わないと呼吸がしにくく、いびきの原因に」

そうする事のよって、この喉の奥下のこういう所が気道が狭くなって呼吸がしにくくなったりします。
いびきとかの原因にもなりかねません。

●「枕が低いと首が下がり緊張してしまう」

かえって枕が低いと後ろに下がってしまうので、反ってここら辺の筋肉が緊張してきます。
そうすると肩こりとか、いろんなところの筋肉が硬くなってきますので、自分の体に適した呼吸もしやすい枕の高さで寝て頂くようにお願いしたいと思います。

睡眠中以外でも呼吸はとっても大事なんです。
呼吸にすいては、『呼吸が浅いと体に影響が?』と『筋肉をしなやかにするのは呼吸が大事?』を見てくださいね。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加