理想的な枕とは?

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「理想的な枕とは?」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(1分11秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

今、使っている枕はあなたに合っている?

●「理想の枕—呼吸がしやすく、リラックスできる」
「理想的な枕とは?」についてご説明したいと思います。
路でお願いしている理想的な枕っていうのは、「あなたが一番リラックスできる状態で睡眠が取れるか?」っていう事が一番大事だと思います。
リラックスできている状態っていうのは、呼吸がスムースに吸えている状態が、すごくリラックスした状態なんですよね。

●「枕を選ぶ時に呼吸しやすいか確かめて購入する」
枕を選ぶときの一つの基準で、リラックス出来るっていうのは、例えば枕屋さんとかに行かれかと思うんですけども、そこでいろんな枕を試して頂いて深呼吸をして頂きたいと思うんです。
ゆっくりと深呼吸をして頂いて、少しでも深呼吸がしにくいな~と感じる枕があったりします。
そうするとそれは理想的ではないです。

●「深呼吸とリラックッスの関係は深い」
深呼吸とリラックッスの関係は深いです。
ですので、何回かその枕に寝させて頂いて、深呼吸して頂いて「これだったら、ゆっくり呼吸が吸える」っていう、そういう枕を見つけてください。
それが理想的な枕だとスペシフィックカイロ路では思います。
枕選びの参考に『グッスリ睡眠できる枕』と『いびき対策!枕は?』も合わせて見てくださいね。

枕を選ぶときの基準は何?

●【枕選びの基準】
自分に合った枕を選ぶだけで、とても快適な睡眠を送ることが出来るでしょう。
逆に合わない枕を使っていれば睡眠中の姿勢が安定せず、不自然な状態となり、熟睡をすることが出来ません。
せっかく疲れを取るための睡眠なのに、逆にストレスが溜ったり疲れてしまう場合があるでしょう。

枕の選び方で大切なのは、枕の「高さ」と「素材」、そして「形状」です。
睡眠中はリラックスした姿勢を保つ事が大切です。
平均的な枕の高さは、男性で4㎝、女性で3㎝が良いといわれています。
しかしこれはあくまで平均なので自分に合った高さの枕を見つけるようにしましょう。

●【まくらの素材はどうする?】
次に素材です。枕は枕の中に何が入っているかで質感も変わってきます。
たとえば、パイプ素材は安い金額で寿命も長く、通気性も良い素材です。しかしゴツゴツしていて苦手な人も多いでしょう。
羽根やエステル素材はふんわりとした枕です。水洗いが出来ず寿命が短いデメリットもあります。
低反発ウレタンは、人の頭の形によって形状が変わります。若干高いですが、お奨めの素材です。
形状も、標準やドーナツタイプ、ウェーブやハート等さまざまな形があります。

不眠を改善させたいと、
福岡でカイロをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

不眠をなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、30代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市南区三宅にお住いの主婦の方で、「いろいろ見ていたら女性がしているので、気になって記事を読んだ症状の内容が充実していて安心できた。前に男性にしてもらったが違和感があったので女性が良いと思っていた。クライアントの声も安心できた。あまり眠れないので全身的に疲れがとれない。他の整体にも行ったがどこか改善できる所がないかと探している。」ということで、当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、不眠だけではなく「背中の痛み、腰痛、側湾症、便秘、尿が出にくい」などのお悩みも抱えていました。
今は、頚椎の調整により体の歪みを取り除くことで、状態はかなり落ち着いている状況です

●【首痛の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image


↑中心のボタンを押すと再生(8分10秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は、こちらの『首痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●今、使っている枕はあなたに合っている??
・当院のおすすめする理想の枕とは?
・枕を選ぶときの一つの基準は、リラックス出来ること。
・深呼吸とリラックッスの関係は深い

●枕を選ぶときの基準は何?
・基準1・・・枕の高さ
・基準2・・・枕の素材
・基準3・・・枕の形状

スペシフィックカイロ路 佐藤

合わない枕を使っていると十分な睡眠時間が確保できず、不眠や睡眠不足になってしまいます。不眠・睡眠不足の恐ろしいところは、それが原因で日中イライラしたり仕事の効率が落ちてしまうこと。肉体的には肩こりや頭痛の原因にもなります。

それは単純に、自分の体に枕の形が会ってないために、体に負荷がかかり続けているということです。体に負荷がかかり続けると、どこかの筋肉に負荷がかかり続けるということです。それはつまり、その筋肉の負荷を取り除いてあげないことには、負荷がかかり続けるため、最終的には痛みにつながるということなんです。

質の良い睡眠をとるためにも『睡眠時間に首こりを楽にする対処法とは』を合わせて見てください。首こりが一気に解消するかもしれませんし、継続的に行うことによって、じわじわと改善されてくるかもしれません。ですので、しっかりと体の負荷を解放してあげることがとても重要なことになるのです。何かお悩み事などがあれば、いつでもご相談ください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加