睡眠中の首こり対策で行うべき3つのこと

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「睡眠中の首こり対策で行うべき3つのこと」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(1分30秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

合わない寝具が原因?睡眠中の首コリ予防

●「首こり予防には、寝返りが大事」
睡眠中の首こり予防とは?についてご説明したいと思います。
睡眠中の首こりって、寝てる間に起きる首こりなんですけれども、人間って寝返りをうったり、必ず夜中しているんですね。
それは何でかって言うと、大きな理由の一つは、体の緊張が筋肉がぎゅーっと固まらないように 自己防衛でみんな寝返りとかうっています。
それはすごく大事な事で、首こりにもそれが大事です。

●「今の寝具が自分に合ってるか確かめる」
ですので、あなたに一番お願いしたいのは、寝具がベットパットとか枕が、あなたの身体に合っているかどうか?というのをきちんと合わせて欲しいという事です。
もし身体に合ってない状態で、ベットパットが柔らかすぎて沈むマットだとしますと、後ろに体は下がるし、枕がそれに基づいて下がればいいんですけど。

●「夜は人間にとってリラックスできる大事な時間」
枕だけ高かったりすると、すごくこういう状態になってここに緊張がいきますよね?
それで首こりになったりしますので。
本当にあの寝具はとても重要です。
夜一番人間はリラックスする状態ですので、緊張しないような寝具をなるべく自分で見つけて頂けたらなと思います。

時間のある時などを利用して、『首の疲労回復ストレッチ』を参考に簡単なストレッチをしてみてくださいね!
首こりが楽になりますよ。

首の負担が楽になる睡眠時の工夫はある?

睡眠中の首の負担が気になる場合は、さまざまな方法を試してみましょう。首の負担を減らす方法はたくさんあります。

●「対策①:睡眠時の姿勢を変える」
まず、眠っているときにふと首に負担を感じているようであれば、睡眠の姿勢を変えてみましょう。
睡眠にはさまざまな姿勢がありますが、あおむけやうつ伏せは腰や首に負担をかけやすい姿勢です。
そのため、横になる事をおすすめします。
心臓がある方を上にして眠ると、リラックスした状態で眠ることができるでしょう。

●「対策②:枕を変える、調整する」
日頃から負担を感じている様であれば、まくらの買い替えをおすすめします。
まくらを変えると、睡眠はずっと質の良いものとなります人によっては枕を使わない方が眠れる場合もありますし、オーダーの枕が高いと感じる様であればタオル等で高さを調節してみましょう。

●「対策③:体を温めながら寝る」
枕だけではなく、体全体を温めることも効果的です。
ホッカイロや湯たんぽ等、直接体が温まる方法を行った状態で睡眠に入れば、首への負担も改善して行くでしょう。
首や肩の痛みは冷えからくる場合もたくさんあります。
そのため、温める事で負担が改善する事も多いでしょう。

首こりを改善させたいと、
福岡でカイロをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

首こりにお悩みで当院に来られた、20代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市中央区薬院にお住いの会社員の方で、「首の専門だったし、ホームページを見てお客さんの声も沢山あるしよさそうだったから、、、」ということで、当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、首こりだけではなく「首を動かすとミシミシと音がする、首を曲げるポキッと鳴る、肩こり、呼吸が浅い」などのお悩みも抱えていました。今は、頚椎の調整により体の歪みを取り除くことで、状態はかなり落ち着いている状況です。

また、こちらの『肩こりからくる頭痛のお客さま体験談』を参考にしていただき、肩こりや頭痛の改善に活かしてみて下さい。

●【首痛の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image


↑中心のボタンを押すと再生(8分10秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は、こちらの『首痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●睡眠中の首コリ予防
①寝返りが大事
体が緊張して筋肉が収縮しないように寝返りはとても重要
②枕が体形に合っているか?
枕の高さが寝た時に自然に楽に呼吸できる高さになっているかも重要

●睡眠の首コリ対策
仰向けやうつ伏せで寝れない場合、横になって寝てるのもありです。
枕の高さが合わない場合は、タオルを活用して高さ調整をするようにしましょう。ホッカイロや湯たんぽを活用して、体を温めるようにもしましょう。

スペシフィックカイロ路 佐藤

睡眠時の首コリというのは、私たちの永遠の課題かもしれません。質のよい睡眠を得ることが出来ると、その一日は充実したものになるでしょう。しかし、質の良くない睡眠になると、一日中眠いとか集中できないという風になってしまいます。質の良い睡眠を得るためにも、少しの工夫で寝やすくできますので、あなたなりの工夫を入れてみて下さい。

首の疲れをためない為にも『冷え性に悩む女性ための5つの入浴対策』を合わせて見てください。首の疲れが抜けないから首こりなどを生み出すことになりますので、しっかりと毎日の自己ケアを行うようにしましょう!ただ、注意しなければならないことは、無理に首周りの筋肉をゴリゴリ揉むのはよくありません。筋肉を痛めてしまうことになるからです。オススメは入浴で、しっかりと体の芯から温めることでリラックスを生み出し、ゆったりと筋肉の柔軟性を取り戻すようにしましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加