寝違えに使う夜間装具

寝違えは、経験している方も多いかと思いますが、朝目覚めた時に首が回らず、激痛が走る場合もあったりして、とてもいやな症状が出ますよね。

寝違えになると、最低でもその日1日は不快な状態で過ごさなければいけないわけですが、ところで寝違えは正式な病名かと言うと、正式には「突発性頸項部痛」とか、むち打ちと同じ「頸椎捻挫=首のねんざ」というように診断されます。

原因は就寝中の姿勢の悪さが多く、それによって頸部の筋肉やじん帯、関節に負担が掛かることから発症してしまうそうです。

そこで寝違えを予防する方法として、寝違えに使う夜間装具というものがあります。

整形外科にかかると、「頸椎カラー」と呼ばれる、むち打ちで首に巻くコルセットのようなものが処方されることがあります。

頸椎カラーを装着して就寝することで、首への負担が軽減されるそうですが、そうなる前の対策として、やはり寝具が寝違えには密接な関係があると言えるそうです。

何と言っても一番は枕で、寝た時の頭の高さや、頸椎の曲がり具合に合う枕を使う様にするのが、寝違え予防に一番効果があるようです。

また敷き布団が柔らかすぎると、体が沈んで寝ているときの姿勢が悪くなってしまうので、これも避けるべきです。


他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加