車の運転をしている 時に首痛が悪化するのはなぜ

車の運転をしている時に首痛が悪化することはありませんか?

車のわずかな振動でも体には負担がかかることがあります。

首には5kgほどの頭を支える役目があります。

負担が常にかかっている状態にプラスして車の運転時の振動があれば、首痛が悪化するのに充分なのです。

このように、特に何も首を動かしてなかったとしても痛みを感じるようなら、対策が必要です。

首痛を抱えての運転は非常に危険です。左右の視界を確認するなども、首痛があると億劫になってしまうでしょう。

そのような状態を回避するには、姿勢矯正、マッサージ、食生活改善などが効果的です。

首痛が悪化するのは、猫背などの姿勢が影響を及ぼしている可能性が高いです。

車を運転する姿勢だったり、常日頃の座り姿勢や立ち姿勢など、背筋を伸ばすように意識しましょう。

デスクワークで長時間パソコンの画面見続けたり、携帯などの画面をうつむきながら見続けたりするのも控えましょう。

たまに休憩を入れるなど、首まわりの筋肉の緊張をほぐすようにすると首痛の悪化を防げます。

筋肉の緊張から来る首痛ならば、血行促進なども効果があります。

運動不足も車の運転をしている時に首痛が悪化する原因になります。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加