冷えからくる首こり・首痛を改善する方法

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「冷えからくる首こり・首痛を改善する方法」について解説します。

まずは、こちらの動画をご覧ください。
↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image


冷えからくる首こりの原因と対策方法

●「原因—夏場のエアコンで首が冷えて筋肉が収縮」
冷えからくる首こりとは? についてお話します。
冷えは、寒い時もそうですし、夏はクーラーで首が冷えたりされますよね?
首コリの冷えというのは、凄く筋肉が、冷える事によって収縮します。
縮こまるんですね。

●「対策1—マフラーなどの防寒具を利用する」
そうすると、筋肉がギューと縮こまると言う事は、動きが取れない状態にだんだんなって来て、終いには肩コリになったり、してしまいます。
ですので、クーラーとか、又、寒い時は、女性の方は良くマフラーを巻いたりとか、で対策されますけど、それは凄く大切な事で、首を冷やさない。

●「対策2—温かいお茶や肩を温めてあげる」
首が冷えると、けっこう風邪をひいたりとかしますので、首を冷やさない事が凄く大事かと思います。
でも、オフィスでクーラーがある場合は、マフラーをして、仕事するって言うのもなかなか難しいかと思います。
で、そう言う方は、なるべく暖かいお茶を飲んだりとか、あと手を摩擦をして、時々首に手を当てて、暖めて上げたりとか、肩にこう言う感じで暖めて上げたりとかして、なるべく、首を温めて上げる様にして、冷えからの対策をしていただけたらな、と思います。

首が冷えた場合に起こってしまう症状として『首が冷えるとどうなる?』も合わせて見てくださいね。

冷えからくる首コリを対策する方法は?

●【冷えは何を起こす?】
冷えは血行が悪くなることで起こるものです。
首のコリが冷えからくるものである場合は、体全体の問題だと捉えて対処することをお勧めします。

手先や脚先は気にならず、首の回りが冷えている感じがする。
という場合でも、どこかしら血行が滞ってしまっている可能性が高いものです。

●【血行を促すには?】
血行を促すには、規則正しい生活習慣を身につけ、バランスの良い食事を心がけ、適度な運動と、体を冷やさないことが大切です。
実は、この冷えへの対策=首コリ、その他のコリの改善にもつながります。
規則正しい生活によって、代謝が向上すれば血行を促しますし、疲労と言ったコリの原因も貯まりにくいものです。

バランスの良い食事をして、血管に収縮性が出たり、血液がサラサラになれば、冷え性の改善の第一歩です。
血液の流れは体の不調を回復させる効果もあります。
適度な運動で、体温を上げやすい環境を作り、ストレッチなどで筋肉の緊張をほぐせます。
体を冷やさないよう、上着やブランケットなど工夫をすれば、芯まで冷えることを防げますし、体が冷えた時の緊張が少なくなり、コリをおこしにくくするのです。

首こりを改善させたいと、
福岡でカイロをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

首こりにお悩みで当院に来られた、30代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市中央区中洲にお住いの事務職をされている会社員(OL)の方で、「首痛を治す治療院いろんな所を覗いて、最後にここに行き着いた」と調べていたらHPを見つけ、お客さまの体験談を見て一度診てもらおうと思い、当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、首痛だけではなく「首を後ろに倒すと痛い・肩こり・背中はり・腰痛・猫背」などのお悩みも抱えていました。
今は、頚椎の調整により体の歪みを取り除くことで、状態はかなり落ち着いている状況です。

また、こちらの『不眠を改善!首の緊張を解消する枕の選び方』を参考にしていただき、首コリや首痛の改善に活かしてみて下さい。

●【首痛の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image


↑中心のボタンを押すと再生(8分10秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は、こちらの『首痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●夏場のエアコンで首が冷えて筋肉が収縮
・対策1—マフラーなどの防寒具を利用する
・対策2—温かいお茶や肩を温めてあげる
・対策3—適度な運動

スペシフィックカイロ路 佐藤

首痛や首こりは、身体を冷やしてしまう生活習慣から見直さないと改善しない可能性が高いです。
身体が冷えるから血行が悪くなり筋幾が収縮します。
まずは、あなたができる生活習慣の見直し「防寒する・運動する・身体を温める」を行うように心がけましょう。

身体を温めるには、身体を冷やさないということが挙げられます。薄着をしすぎなかったり、お腹を出すことをやめることだったりと、肌の露出を少なくすることが挙げられます。重ね着も重要ですね。

その上で、身体を温めるためには、やはり入浴です。特にシャワーでお風呂を済ませているあなたは、20~30分ゆっくりとお風呂に浸かることで、体の血行は変わってきます。身体が温まることで、身体の新から温まりますので、毎日の入浴習慣を身につけて頂きたいと考えています。ぜひ行ってみて下さい。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加