ストレートネックが起きる3つの原因とは?

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「ストレートネックが起きる3つの原因とは?」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(1分19秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

【猫背に多い?ストレートネックの原因】

●「猫背の方はストレートネックが多い」

ストレートネックの原因についてお話したいと思います。
ストレートネックの方の首が真っ直ぐって方の原因ですけれども猫背の方とかですね。
猫背の方っていうのは、こういう風になっているので首からここの間がどうしても、真っ直ぐ一直線に前になっているかと思います。
それで猫背の方のストレートネックが結構多いです。

猫背対策として『猫背予防ストレッチ』を参考にストレッチしてみてください。

●「バレーなどされている方も」
あとは、バレーをしてある方。
踊るバレーですね。
体を一直線にしないといけませんので、こういう顎を引いた感じでバレーされているかと思います。
そういう方が職業病というかでなる方が多いです。
最近ストレートネックの方も大分増えてきているとは言われています。

●「パソコン作業が多い方にも多い」
どうしてもパソコン作業で猫背になる。
やはり猫背姿勢の方が増えてきているので、そういうストレートネックの方は間違いなく、増えて来ているようです。
自分ではストレートネックじゃないって思ってるある方でも、結構ストレートネックっぽい方が増えてきているという風に言われています。
スペシフィックカイロ路にストレートネックでお悩みのお客様がこられました。
首の施術をさせていただき、その時のお客様の『施術後のインタビュー』をいただいています。

では、ストレートネックの3つの原因とは?

ストレートネックは現代病の一種ともされる症状の一つですね。
通常であれば、首にある脛骨は緩やかなアーチ状をしているのですが、これが直線的になっていしまっている状態です。

●【原因①】
このストレートネックの原因としては、パソコン画面を長時間にわたり見ていたり、スマートフォンなどの端末を下を向いてみているなど、猫背の状態から来る事が多いとされています。

●【原因②】
その他、バレエやダンスと言った、強制的に美しいとされる姿勢を作ることでも、誘発すると言われていまし、ボクシングや柔道と言った、激しい衝撃を受けるスポーツなどでも、顎を引いて背中を丸くコンパクトにまとめた姿勢をとることが多いために、このストレートネックの原因となるようです。

●【原因③】
また、スキーなどでの転倒、交通事故などでの衝突などによるむち打ちが原因となる場合もあります。
顎を引いた状態をキープすることは、不自然な姿勢を生み出し、首に負担をかけているわけです。
ストレートネックは頭痛や肩こりと言った、慢性的な痛みを引き起こし、ひどくなるとめまいやしびれ、吐き気なども引き起こします。
自然な姿勢を一度見直してみるのが良いかもしれませんね。

ストレートネックを改善させたいと、
福岡でカイロをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

ストレートネックにお悩みで当院に来られた、30代男性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市早良区にお住いの会社員(建設業)の方で、「かなり前にスペシフィックカイロ路を見つけていた。行きたいと思っていたがなかなか機会がなくて今日になった。首が痛くて病院に行こうとしていたら母が病院よりこっちが良いと言ったので。」と調べていたらHPを見つけて直感的に行こと決められて、当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、ストレートネックだけではなく「首痛・肩痛」などのお悩みも抱えていました。
今は、頚椎の調整により体の歪みを取り除くことで、状態は落ち着いています。
また、こちらの『ストレートネックお客さま体験談』も参考になると思いますので、どのような経緯で痛みが出てきたのか?どうやって改善していったのか?一度見てみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●猫背の方はストレートネックが多い
当カイロに来られるストレートネックの方は「猫背」の方が多いという事実。
踊るバレーやパソコン業務をされている方も。

●ストレートネックの3つの原因
①パソコンやスマートフォンなど猫背になる
②バレエやダンスなど姿勢を矯正すること
③スキーなどでの転倒、交通事故などの衝撃

●ストレートネックは、頭痛・肩こり・めまい・しびれ・吐き気を引き起こす可能性が高い

スペシフィックカイロ路 佐藤 ストレートネックは、絶対治らないものではありません。ですが、そのままにしておくと様々な弊害をもたらします。
ストレートネックを放ったらかしにしていると、最終的には頭痛や首痛などの痛みに繋がりますので注意が必要です。
まずは、ご自分で出来ることからはじめて、ストレートネックを改善していきましょう。
しっかりと体を芯から温めることで、筋肉を緩め、柔軟性を取り戻すように自己ケアしていきましょう!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加